悪とは

 魂は創造的性質を持ってはいても、本来的に、悪を働いたり、地獄をつくったりするようにはできていない。

 悪とは、魂そのもののなかにひそむ性質ではなく、お互いの魂の自由と自由が相剋するところに生まれたゆがみであり、ひずみである。

 幸福の科学大川隆法総裁は、『太陽の法』で以下のように説かれました。

「魂には、いくつかの特徴があります。その一番目の特徴とは、創造的性質です。魂は、自分の意志によって、自由自在に自分をつくりかえていく性質が与えられています。つまり、どのような思いをもった意識体であるかを、自分自身で決定できるということです。たとえば、愛を最高度に発揮することもできるし、自由を最高度に発揮することもできる。心の思いによって、内在する光の量をコントロールすることも自由自在で、高次元的存在へと自分を高めてゆくこともできれば、光の量をおとして、下次元的存在にすることも可能です。それでは、悪を働いたり、悪を思ったり、堕落したりすることも、魂の性質なのでしょうか。地獄に堕ちたり、地獄をつくったりすることも、魂の創造性によるものなのでしょうか。然り、然り。否、否。というのが答えです。なぜ、「然り」なのか、つまり、魂には創造の自由が与えられており、自由が自由であるゆえんは、規制がないことと、妨げるものがないということだからです。もし、規制や妨げがあるならば、それは自由ではなく、不自由となります。一方、なぜ、「否」かについては、魂そのものの本来目的は、悪を働いたり、地獄をつくったりするようにはできていないからです。悪とは、魂そのもののなかにひそむ性質ではありません。悪とは、お互いの魂の自由と自由が相剋するところに生まれたゆがみであり、ひずみなのです。人間は、そもそも、自分ひとりでは、いかなる悪も犯しえません。つまり、悪とは、他人の存在、ほかの生命の存在、あるいはまた、ほかの物体の存在をもってはじめて、その姿をあらわしてくるものだからです。  古来から、善悪二元論については、さまぎまなことがいわれてきました。その根本問題は、仏のつくられた世界に、なぜ、悪が存在するのか、悪とは、仏自らのなかにひそむ性質なのかということでした。しかし、悪は、もちろんのことながら、仏自らの性質、すなわち仏性ではありません。悪とは、仏の大願成就を阻害することです。あるいは、仏から自由を与えられた者同士の相剋、お互いの自由と自由とがぶつかりあって、一定の時間、ゆがみなり、ひずみが、心の世界に、あるいは、現象世界にあらわれているものにすぎないのです。つまり、根源的存在論としてではなく、機能論、行為論として悪はあるのです。

 

自由と自由の相剋によって「悪」が生じる

 なぜ「悪魔」と呼ばれる存在がいるのかについて考えてみます。

 神仏がこの世をつくられたのだとしたら、神仏のアンチテーゼとなる「悪魔」が生まれるのは矛盾しているようにも思えます。

 大川隆法総裁は、著書『太陽の法』で、悪の発生原因を以下のように説明しています。

「悪とは、魂そのもののなかにひそむ性質ではありません。悪とは、お互いの魂の自由と自由が相剋するところに生まれたゆがみであり、ひずみなのです。

 悪とは、仏の大願成就を阻害することです。あるいは、仏から自由を与えられた者同士の相剋、お互いの自由と自由とがぶつかりあって、一定の時間、ゆがみなり、ひずみが、心の世界に、あるいは、現象世界にあらわれているものにすぎないのです」

 もし、私たちが一人だけで生活をしていたら、もしくは、全員同じように行動する機械のような存在であったなら、ひずみとしての「悪」は生まれないでしょう。

 

神仏は悪を生じることを覚悟で 自由に伴う発展を肯定された

 また、「悪霊」や「悪魔」といわれる存在は、神仏から慈悲として与えられた自由を自らの欲望を満たすために間違って発揮し、自分と他人を傷つけてしまった存在といえます。

 宗教に触れたことのない人には、禁欲的な生活を送り、奉仕活動に打ち込むシスターや、経文読誦や禅定などの修行に打ち込む僧侶には、自由がないように見えるかもしれません。

 自らに戒律を課すことも、自由の範囲が狭まるように思うかもしれません。

 日々の生活における細かすぎる戒律を強要するイスラム教などには問題もありますが、一定の戒律は自由の中で自らの欲望をコントロールしていくために必要なものです。

 自らの欲望や本能を放置することは、自由とは違います。過ぎた食欲や出世欲、怒り、愚痴などの感情を放置しておくと、心は常に振り回された状態となります。それは、まるで暴れ馬に乗っている騎手のようなもので、自由ではありません。

 暴れ馬を放置したら、自分も振り落とされてしまい、他人に怪我をさせてしまうこともあります。

 騎手が馬を導くように、自分の心を自分でコントロールできることが、本当の意味における「自由」です。

 「自由」をなくせば、過ちを犯すことも少なくなるでしょうが、自由の中でよりよい方向性を選び取っていく喜びを味わうことができなくなります。

 総裁は、著書『不動心』で次のように自由の可能性を語ります。

「人間は、心のなかにどのような思いを抱くかに関して自由を与えられており、その自由を行使して、自分を変えていけるようになっています。思いの自由性というものを駆使して、人間は天使のようになることもできれば、悪魔のようになることもできるわけです」

 神仏は、「悪」を生じないようにすることよりも、過ちが生じることも覚悟で、向上や幸福感など積極的な「善」を尊重する仕組みを作られたと言えるでしょう。