播いた種によって人生は変わっていく

 幸福の科学大川隆法総裁は、『青春に贈る』で以下のように説かれておられます。

「高校時代は、英語、国語、数学、理科、社会などを勉強し、一定のレベルを修めて卒業します。それから、大学に入ったり、短大に入ったり、各種の専門学校その他に進学したりします。なかには、すぐに社会に出る人もいます。そこで、たとえば大学生を例にとると、どんなに優秀な高校生であったとしても、高校卒業時点では持っていないものを、大学で何年か学んだ大学生は持っているのです。どのような草深い田舎の大学生であっても、そうなのです。これは不思議ですが、大学生は高校生が持っていないものを持っています。もちろん、大学の専門領域はいろいろあります。たとえば文科系では、法律、政治、経済、経営、哲学、心理学、教育などがあります。理科系でも、理学部、工学部、医学部、薬学部など、たくさんの系統があります。しかし、これらはどれも高校で習うことはありません。したがって、こうした専門領域については、高校時代にいかに優秀な人であっても、その後、専門的な勉強をしなければ、身につかないものなのです。高校時代には、かなり優秀な人から、そうでない人までいたと思います。しかし、次の段階である大学に上がり、新しい学問に出合って四年間勉強すると、大学入学時には持っていなかった学力を、大学の卒業時点では持っています。このように、同じ人であっても、高校の卒業時点と大学の卒業時点では、学力の点では別の人間になっているのです。それは、大学に入って、それまで学んだことがないものを学んだ結果、頭のなかに入っているものが違ってくるからです。知識や情報のレベルにおいては、明らかに入れ替わっていて、別な人間になっています。つまり、十八歳の段階と、二十二歳の段階とでは、違う人間になっているのです。これは大学在学中の四年間の話ですが、同じようなことは、それから先にもあります。二十二歳と、三十歳、四十歳、五十歳とでは、別人になるのです。成人後は身長や体重がそう変わらないので、魂の入れ物である肉体は、確かにあまり大きくは変わらないかもしれません。しかし、目や耳などから、新しい経験や知識が常に流れ込んでいるので、中身は変わるのです。したがって、みなさんは、自分自身のことを、同じ水をたたえた池のような存在だと思っていたとしても、なかに流れている水は違ったものになってくるのです。この間、いろいろなものが新しい情報として入っては出ていき、みなさんは変化しています。形は同じく丸い池であっても、中身が違ってきます。どのくらいきれいな池になるか、魚が棲むか棲まないか、他の生き物が棲むか棲まないか、鳥が来ても養えるような池になるかならないかということが、まったく変わってくるのです。このように、縁起の立場は、「播いた種によって、あるいは努力によって、人生は変わっていくものだ」ということを明確に肯定するのです。」