中国・武漢市発 新型コロナウイルスの霊的真相

 春節(旧正月)を迎えた中国・武漢発の新型コロナウイルス による肺炎の感染が、世界に広がり続けています。

参考

ウイルスを広めているのは、霊の憑依

 2002年末から2003年初めにかけて流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)も、コロナウイルスが原因でした。

 幸福の科学大川隆法総裁は、1980年代に発見されたエイズ・ウイルスについて、著書『心と体のほんとうの関係。』で、「エイズの病原体に作用している霊がいます。そして、それは、一時代前には、ペスト菌やコレラ菌などに作用していました。」と指摘しています。治療薬の開発が進み、ペストやコレラなどの感染症を撲滅したところ、「病気を引き起こす霊」がエイズという別の感染症をつくりだしたのです。

 この霊的作用による感染は、最近流行り始めている風邪やインフルエンザにも見られます。大川隆法総裁は、「成仏していない虫たちの霊が集団して憑依したもの」だと指摘しています。病原体としてのウイルスや細菌に、虫の霊が”憑依”して伝染していくのです。

 また、花粉が飛び始める季節も近づいていますが、花粉症も同様だといいます。スギの花粉に、山を切り開くなどして伐採されてしまった木や植物などの集合霊が憑依して、花粉症が起きているというのが真相です。

花粉症

 弱い病原体としてのウィルスや細菌は、人間の悪しき想念によって「悪性化」し、致死率が高まるという。

 かつて、ペストやコレラが撲滅されても、エイズといった新しい感染症が流行した。歴史上、中世の宗教戦争や異端審問が起きた時代にはペストが、第一次大戦中にはスペイン風邪が世界的に流行した。いずれも「憎しみ」や「殺意」などが、人々の間に渦巻く世相だった。また、1980年代にアメリカでエイズが流行した当時は、性的な乱れが生じ、社会的な退廃が見られた。

 人間から発される「悪しき想念エネルギー」を断たなければ、感染症は繰り返し発生するのです。

 大川隆法総裁は、著書『フランクリー・スピーキング』の中で、この悪性の霊について「地上の人間の乱れのようなものから来る想念エネルギーを受けて増殖する、小さな地獄の使者たちみたいな感じですね。だから、あれを治しても、おそらくはまた違うのが出て・・・ ただ、確実に警告としての役割をしていますね。」と指摘している。

 困ったことに、感染症の治療法を研究しても、新しい病気が次々と出てくる。いたちごっこの状態が続くことになる。

 ウィルスが「殺意」や「憎悪」などの悪想念のエネルギーがある地域や国に充満した場合、弱いウィルスが変化し、致死性の高いものが生じる。その悪想念とともに、他の人に憑依することにより、強い感染力を持つようになる。

インフルエンザウイルス

風邪やインフルエンザが冬に流行るスピリチュアルな理由

メキシコ発新型インフルエンザに学ぶ 霊的背景と対策

「コロナは生物兵器」という疑惑

 米紙ワシントン・タイムズが、2020年1月に、生物兵器を研究する疑いのある武漢のウィルス研究所からコロナが漏れた可能性を報じた。中国科学院武漢ウィルス学研究所の実験室から人工的なウィルスが漏洩した様子である。その研究所では、以前にも流出事故が報告されているという。

 2020年2月26日、習近平主席の守護霊が、大川隆法総裁のもとで守護霊霊言を収録。習氏の守護霊は、新型コロナがどこから発生したかについて、「公式には認め難いけれども、非公式では、恐らく(武漢の)研究施設のコロナウィルスが外に出てしまったのではないかと、今の心証として思っている」と指摘。なぜあっさりと施設から漏れた可能性を認めたかと言えば、隠し通すことは難しいためであり、いずれ露見するからだとした。

 また、「国賓来日は日米安保の破棄が目的」と言及した。習氏の国賓来日の目的には、日本が中国に屈服したというイメージを国内外に知らしめる企みがあることを明らかにした。

 「日本の天皇皇后両陛下が、(中国に)ひれ伏してるところをお見せしたいと思うから。天皇皇后両陛下が、わしの前でお辞儀して頭を下げるところを、中国では特にそこを重大視して放送をかけるつもりではおるからな」

 その上で、日本経済の対中依存度を高め、ゆくゆくは「日米安保の破棄」に追い込む狙いがあることに言及。習氏の守護霊は、「安倍さんは完全に、トランプさんと私らの中間で、天秤をかけとるじゃないか。トランプさんは『面白くないと思ってる』と思うよ。だから、日米安保がいつまでもあると思っちゃあいけないよ?」と語った。

 中国が日本に急接近している背景に、日米安保を破棄させ、日本を侵略する環境を整備するという恐ろしいシナリオがあることが判明しました。

 今回のウィルスの発生地となった中国は、近年国内で人権弾圧を行い、国外には侵略的な姿勢を隠していない。感染の背景には一体どのような作用があるのでしょうか。

 2020年2月7日、大川隆法総裁は、コロナ感染の真相を探るべく「中国発・新型コロナウィルス感染 霊査」として、ウィルス感染の背景を知る霊人を呼び出して霊言を収録しました。

 

新型コロナウィルスは「共産党ウィルス」

 現れた霊人は、こぐま座のアンダルシアβ星から飛来した宇宙防衛軍の司令官 R・A・ゴールで、今回のウィルス感染に関する「責任者の一人」と名乗った。

「(共産党には)『敵を殺したい』っていうような想念がそうとう渦巻いておりましたから、そういうものが雲のようになって地上を覆うと、こういう細菌レベルでもですね、まあ、インフルエンザのときなんかでも起こりうるんですけれども、非常に『殺人性』を強めることがあって、悪性になってくるんですねえ。だから、『共産党ウィルス』です。」

 共産党内に渦巻く香港や台湾の人々を大量殺戮しようとする想念が、ウィルスを悪性化させたという。そして、中国が香港などに軍事行動に出ようとしたタイミングで、コロナが広がり、その試みが封じられた。

 R・A・ゴール は、感染が広がった背景として、「共産党による人権・人命軽視」「中国が秘密裏に製造する生物兵器の危険性」などを挙げ、特に唯物論国家での被害が広がることで、共産党に「反省」を促す狙いがあると指摘。「何かの爆発をもうすぐ迎えるところまで来てたと思います。」と指摘した。

 R・A・ゴール は、中国側に「香港・台湾のウイグル化・チベット化」のための攻撃プランなど、海外への進撃が予定されていたと見通したうえで、攻撃想念を国内に籠らせる結界をつくったことを明かした。

「中国の側の攻撃想念は、香港やウイグルや台湾、日本、それから、アジアの他の国、および、中東、ヨーロッパのほうへ向けて、アフリカに向けて、いろいろなかたちで、これからイナゴの大群のように進撃していくはずだった。」として、「その霊流をちょっとブロックして、なかに籠らせた。」という秘密を明かした。

 コロナウィルス感染の背景には、「神意」がある。中国の覇権拡大を歓迎してはならないこと、中国に自由化・民主化を求め、信仰が重んじられる世界をつくることである。

 R・A・ゴール は、「生物兵器を使うということがどれほど非人道的なことかということを、彼らに悟らせることはできます。」「世界中に広げようと思っているわけではなくて、中国本土に問題があるのではないかという天意を感じるところまでは終わらせるつもりはない。」と語った。

 今回の新型コロナウィルスの蔓延の背景には、中国共産党発の悪想念がもとで、ウィルスが悪性化、悪霊化したことがある。それを踏まえた対処法として、「神への信仰があれば、免疫がつくんです。」「信仰のある国家には、あまり広がらない。」と、個人も国家も神仏への信仰に立ち戻ることを勧めた。

 こうした伝染病の流行や天変地異は、「神意」に気づくまで続くという。親中路線の見直しをはじめ、唯物論・無神論・全体主義的な発想から離れ、「自由・民主・信仰」という価値観を重視することが必要である。

 ところで、コロナウイルス問題が習近平氏にとって誤算だったのは、香港・台湾への「反撃」の機会を失ったことでした。

 これまで、中国は、サイバー攻撃によって台湾総統選の世論工作を行ったり、武装警察を使って香港民主派を弾圧したり、尖閣諸島に軍艦を送ったりして、さまざまな形で周辺国と地域に介入していた。しかし、泥沼化するコロナ問題により、内政に集中せざるを得ない状況に追い込まれている。習政権は、コロナ対策で軍隊を大量動員し、台湾・香港問題どころではなくなった。軍内にも感染者が広がっている模様です。コロナの発生・拡大が、中国の軍事行動を止める働きをしている。

 現代の戦い方は、軍隊が民間人になりすますなどのハイブリッド戦やサイバー戦、生物兵器の使用など「目に見えない戦い」にシフトしている。

 コロナ問題の裏で、中国の「新しい脅威」が周辺地域に迫っていたことを、国際社会は認識しておかなければならない。

 中国史をひも解けば、歴代王朝が疫病によって倒れた歴史がある。

 中国史は疫病を抜きにして語ることはできません。古代の漢王朝から清朝にかけて、疫病が流行し、王朝が衰退・崩壊を繰り返してきたからです。

 共産党は、歴代王朝と同じく、疫病の広がりによって求心力を失い、滅亡の道を歩むか。

 中国発祥の儒教には、「政治が乱れた時、疫病などの天変地異が起きる」という「天人相関説」がある。「天変地異が起きる原因は、政治の良し悪しにある。そのため、為政者は徳ある政治、つまり、善政を施さなければならない」という考えである。

 共産党は、人権・宗教弾圧、言論の自由の圧殺など、あらん限りの悪政を敷き、天命に背いた政治を行っている。

 なぜこれほど疫病が流行するのか。それは、中国では人命の価値が軽視され、衛生管理が行き届いていないためです。中国の衛生環境が劣悪であるため、過去に日本や台湾で流行した感染症の多くも中国由来です。世界的に流行し、多数の人々を死に追いやったスペイン風邪やペストは、中国が発症源と言われています。

 中国共産党にとっては、「コロナは天罰」に見えるでしょうし、実際にそうだと思われます。

 コロナへの対応によっては、習近平政権は崩壊するかもしれません。今後、党内の権力闘争も激しくなる可能性があります。また、一連の対応に不満を持つ人々が増えれば、政権打倒の運動にもつながりかねません。中国で「革命」が起きる可能性が出てきました。実際、中国では、軍事費より治安維持費の方がお金がかかっており、増加傾向にあります。習政権は、軍拡を続けるか、人命を尊重するインフラをつくるかの分岐点に立たされるわけです。習氏の出方によっては、今後も天罰は続くと思われます。

 

日本の個人や企業、政府がとるべき対策

 R・A・ゴールは、次のような衝撃的事実を明らかにし、人類に警鐘を鳴らしました。

1 共産党が、社会保障費の増加を抑えるために、高齢者や障害者を減らす生物兵器を開発している。

2 中国軍が、香港や台湾などに軍事行動に出ようとしていた。

3 人命や人権を軽視する共産党に反省を促すべく、同党に渦巻いていた悪想念を”ブロック”して中国本土に逆流させ、コロナの感染を広げた。

 2月17日、R・A・ゴールは、大川隆法総裁の前に再び現れ、共産主義の下での繁栄は麻薬と同じであり、人類がその誤ちを反省しなければ、感染者は数千万人規模になると指摘。その上で、日本は中国経済に頼らない国を目指すべきとのメッセージを発している。

 こうした背景を踏まえ、ウィルス感染を防ぐには、悪想念とは反対の「神仏への信仰心」を持つことが極めて有効であり、「神への信仰」があれば免疫がつくという。

免疫力を高める

 各国の医療機関などが対策として、手洗いなどを推奨しているのは言うまでもない。手の全体に石鹸を塗り、爪の間は手のひらを引っかくようにして洗う。手洗いの時間の目安は約20秒。また、ウィルスが目や口などに付着しないよう、顔をむやみに触らないことも効果的だという。

 日々の生活で心掛けたいのは、「免疫力を上げる」ことである。物事を明るく積極的に考える癖を持つことや、食生活の見直し、運動を習慣づけることで、「心と体が調和する生活」を送りたい。 

自らを「金の光の珠」だとイメージする瞑想

 感染症にかからないようガードするためには、感染した人や場所に近づかない、うがいや手洗いを徹底するといったことの他に、憑依されにくい状態を保つことが有効です。

 その一つが、瞑想の習慣を持つことです。私たちの肉体には、魂(霊体)が宿っています。そして、人間の本質が霊体の部分だと認識することが重要です。瞑想を始める際、肉体の方を小さく見ていき、「霊体の方が自分の中心なのだ」と強く思います。そして、その霊体を「金色の珠のような霊体」だとイメージするのです。

 『自分の霊体は、本来、神仏から頂いた尊い命であって、完全無欠な金の塊、金の珠なのだ』というイメージを、できるだけ持っていただきたいと思います。そういうイメージを持つことによって、頭のてっぺんから足の裏までに含まれる、あらゆる病気を撃退することができます。そうした『金の塊のような自己像』が霊体としての本当の姿なのです。

 金色に光るエネルギー体こそ、天上界にいた時の本来の自分の姿です。その本当の姿を描く練習をすると、さまざまな病気に対する回復力や抵抗力が高まるのです。

自分も他人も許す

 ウイルス感染以外にも、特に冬になって体が冷えると、不調や痛みを感じたり、病気になったりすることがあります。その場合も、「心の葛藤」が霊的に影響していることがあります。

 「あの人、こうしてくれればいいのに。なんでしてくれないんだろう」と考えて他人を責めたり、「またうまくいかなかった。本当に自分はダメだ」と自分を責めたりすることは、誰しもあるでしょう。そうした小さな心の葛藤が潜在意識に蓄積していくうちに、同通する霊を引き寄せ、不調や病気をつくりだしていることがあるのです。

 自らの心の葛藤に気づいた時、必要となるのは「許し」です。自分と他人に対する”許しのハードル”を下げ、「失敗はたくさんしてきたけど、こういう自分も受け入れよう。あの人はこんないいところもあるから、受け入れよう」と寛容になることが大事です。 

大川隆法総裁は、著書『復活の法』でこう指摘しています。

「大宇宙の叡智である根本仏、根本神は、これだけ多くの生き物を生かしています。たとえば、世界には六十数億の人間が生きています。その全員が完璧に生きているでしょうか。完全に生きているでしょうか。百パーセント道徳的な人間ばかりでしょうか。そうではないでしょう。犯罪を犯したり失敗したりしながら、みな生きています。そして、『よしよし』と思って、人間を育み、そのあり方を我慢している存在があるのです。『自分の気持ちだけで、すべてを規定してしまうのは、尊大なことなのだ』ということを知らなければいけません。」

 病気がなかなか治らないという人は、大抵「許せない」という感情を持ち続けていると言います。自分に対しても他人に対しても完璧を求め過ぎず、許しの心を持つことが、与えられた肉体と命を生かすことにつながります。健やかな毎日を送る上で、神仏の光を受けること、そして、心を健康に保つということに目を向けてみてはいかがでしょうか。

 大川隆法総裁は、2月15日の法話「免疫力を高める法」で、効果的な免疫力の上げ方として、「信仰心」を挙げた。

「(病気に対する)恐怖心があり、信仰から離れている状態というのは、免疫力が非常に弱い状態ですので、やっぱり『自分は神の光の天使の一人なんだ』と思うような生き方をすれば、免疫力は強くなるし、『使命がある限り、私を護りたまえ』という気持ちを持って生きることで、体内に入った悪いものを追い出すことができると思います。」

 神仏のため、世のため人のために生きようと心掛ければ、細胞には善念が満ち、免疫力が格段に高まるという。そうした「信仰ワクチン」があれば、死や病気の恐怖を乗り越え、さまざまな感染症からも身を守ることができる。

「コロナウィルスだけでなくて、通常、冬の季節にはインフルエンザ等も流行りますし、その他、感染症、免疫系の崩壊により、死亡に至る、あるいは重体に到るようなケースも多々あると思いますので、対抗ワクチンとしての、宗教的な法力によるワクチンを作っておこうと思います。」と語った。

法話を聞いて免疫が上がる その理由は

 総裁は、「法力によるワクチン」と説明するが、なぜ、病原菌が引き起こす病気を、説法を聞くことで予防することができるのか。そのわけは「感染症の原因」と関係がある。ウィルス感染について、「憑依の原理とほとんど同じなので、これを取る、追い出すのも、同じ原理は基本的に働く。」と言及した。

 幸福の科学で言う「憑依の原理」とは、生きている人間に対して、何らかの霊存在が影響を及ぼす状態のことを言う。例えば、病気の原因は「悪霊の憑依」という場合がある。生きている人が生活習慣の乱れで体が弱っている時、「不安」「怒り」「嫉妬」「自己否定」など、マイナスの感情を持つことで、悪霊と同通し、引き寄せてしまうのである。

 総裁は、今回の新型コロナウィルスなども、「恐怖心」を持つことでかえって引き寄せてしまうと指摘。「心配性から恐怖心が強いタイプの人は、あちらから見ると憑依しやすいところがあるので、気をつけなければいけない。」として、「明るく建設的に考える」「正しい信仰を持つ」など、悪霊と波長をずらす方法をアドバイスした。

企業としては「脱中国」を進める

 次に、企業としては、コロナの影響でビジネスが滞っている問題に対処する必要がある。

 だが、今や中国は「世界最悪の人権侵害国家」となり、その国と取引を行うのは、本来、商業道徳に反する。

 例えば、数々の商業道徳を残した偉人 二宮尊徳 は、「道徳なき経済は犯罪」とまで言い切っている。

 日本企業は「善悪の基準」を持ち、中国からの輸出入を減らしたり、中国に構える拠点を国内に戻したりするなど、独裁国家の資金源を断つことに協力した方がよいでしょう。

 アイシン精機やトヨタ紡織など、中国の製造ラインを日本などに移転することを検討する企業もある。感染症の拡大を「大義名分」にすれば、関係者への説得もしやすい。

政府・中国の独裁体制に楔を

 日本政府は、中国に楔を打ち込むために、経済政策や対中外交を転換することが重要となる。具体的には、次の3つの対策を検討・実施すべきである。

1 企業の国内回帰と景気浮揚

 大胆な減税と規制緩和を行い、中国に進出する日本企業の国内回帰を支援し、国全体の中国依存を脱却する。台湾では、同様の政策が大きな成果を収めております。

 また、消費税を5%に減税し、国内消費を活性化させ、内需中心の経済にシフトする。同時に、次世代産業の創出に向けた大胆な投資を行い、国力を高め、中国からGDP2位奪還を目指す。

特効薬は「減税」

 中国発・新型肺炎の感染拡大による世界経済への影響は甚大ですが、この被害を最小限に抑えるための特効薬は「減税」です。手本となるのが、アメリカのトランプ政権でしょう。日本の「地方創生」は「税を集め、それを再分配する」というバラまき傾向が強いですが、トランプ政権は節税インセンティブを働かせることで、民間の資金を活用しているのです。

地域活性化に向けて

 日本では、新型肺炎の影響で地方のインバウンド消費も減退していくことは確実です。

 特効薬としての「消費税率5%への減税」を目指すことを前提としながらも、「オポチュニティ・ゾーン」のような優遇策で地方に富を流していくことも検討すべきです。全国に数ヵ所、地域活性化のための特区を設け、独自の消費税率を設けるというのも、一つのアイデアでしょう。

参考

2 米国と連携し、中国民主化へ

 アメリカは、中国の脅威に気づき、貿易戦争などで中国を追い詰めている。日本も共同歩調をとり、まずは、春に予定している習近平氏の国賓訪日を中止し、世界に「正義」を示す。

 かつて、ソ連は、チェルノブイリ原発事故をめぐり、現場の情報統制などにより対策が遅れた。当時の最高指導者ゴルバチョフ氏は、この教訓を重く受け止め、情報公開(グラスノスチ)などの改革に乗り出した。改革は部分的に成功を収めるも、最終的にはソ連崩壊という結果を招いた。

 中国もソ連と同じ道を歩む可能性が高い。日米は中国の民主化を目指すためにも、現地に国際調査団を派遣するなどして情報公開を促したい。

 多くの中国人は、本心では自由で民主的な国家の誕生を望んでいる。日本はコロナ問題という禍を契機に、中国民主化と世界平和のために貢献すべきである。

3 国として信仰心を取り戻す

 コロナは共産党への「天罰」に当たる。日本は「天意」を受け止め、行動に移したいところだが、その動きがどうも鈍い。

 その原因は、共産主義に対する最大の免疫力である信仰心が薄らいでいるためである。

 背景には、戦後GHQが日本の国民から宗教心を徹底的に骨抜きにする占領政策を行ったことがある。80年以上前の日本は、宗教心が篤いウイグルやモンゴルなどを味方につけ、ソ連と中国共産党を分断し、共産主義を封じ込めようとした。イスラム教徒などは、当時この取り組みを心から喜び、紛争や貧困などから解放されることを期待した。

 日本は、今こそ自虐史観を捨て、今一度信仰心に目覚め、毛沢東を奉じる中国共産党に対抗すべきである。信仰心が強い国に生まれ変われば、アジアから毛沢東全体主義を一掃できる。その時、日本は世界の自由と繁栄を守る偉大な国となるのです。