霊界の太陽

 「霊界の太陽」というと、エマニュエル・スウェーデンボルグが有名です。スウェーデンボルグは、著書の中で霊界には地上と同じように太陽があり、この霊界の太陽が霊界ではすべてのエネルギーの元になっているという。霊界の太陽は「生命と秩序の基礎」であるという。

エマニュエル・スウェデンボルグ 『私は霊界を見てきた』『天界と地獄』 より

 霊界の太陽は、私たちの頭上ではなく、何処を向いても高いところに立っても低いところに坐っても、常にそれを見る霊人各自の胸の高さで輝いているという。

 天界には、この世の太陽も、太陽を起源に生産されるものも、姿を見せません。しかし、太陽も、光も、熱も存在し、この世にある万物以上の無数のものが存在しています。ただし、これら は別の起源からです。この世にあるものは、自然的なものですが、天界にあるものは霊的なものです。 天界の太陽は主です。天界の光は『神の真理』です。天界の熱は『神の善』です。

 霊界の太陽はその光で霊界を照らし霊にものを見せ、またものを考える理性の基礎となっている。その熱は霊たちに生命を与えている。そして霊界の太陽は霊流という流れも霊界全体に放っていて、これは霊界の秩序を保ついっぽう、霊の霊的能力の基礎になっている。この霊流の存在こそは霊界と自然界(この世)の性質を全く相違したものにしている根源にほかならない。

 人間の生命の源は霊界の太陽なのである。自然界の太陽は熱や光を与えて自然界の生命をはぐくみ、生命の活動を助けることはできる。だが、生命の原資そのものになることはできない。なぜなら、自然界の太陽は霊界の太陽の この世における相応物、いわば代理人にすぎないからである。この世の太陽自身が、その源は霊界の太陽なのである。

 では、人間はどのようにして霊界の太陽からの霊流を受け取っているのか。 

 人間の生命の根源は本来的に霊なのである。そして、人間の肉体に住んでいる霊が霊流を自分のなかに吸収し、これによって人間は生命を継続することができているのである。物質界ではない霊界が、その意図や意思を物質界において完結するには、霊に人間という物質的形態を与えなければならない。人間界は霊界の終局点であり、霊界の生命の根源そのものでもある。霊流も、その終局点である人間の肉体の中に霊を住まわせ、その霊に霊流の終局点として霊流を与えることによって、物質界における完成に達するのである。

 霊流には二種あって、一つを直接霊流、一つを間接霊流という。

 直接霊流は、霊界の太陽から各世界、各団体の個々の霊に直接注がれ霊的能力の基礎となっている。間接霊流は、霊界の太陽から放たれたのち上世界を経て中世界へ、中世界を経て下世界へと流れ込む。また、各世界の霊はそれぞれの世界に流れ込んだ間接霊流も直接霊流と合わせて受取っている。間接霊流は、このように霊界全体の各世界、各団体と全ての個々の霊をつなぎ、それら全てを秩序づけている。もし、間接霊流がなければ霊界は、ばらばらに分解し存在することすらできなくなる。霊界の太陽は霊の生命と霊界の秩序の基礎なのである。

 幸福の科学大川隆法総裁は、著書『大悟の法』の中で以下のように説かれました。

「実は、この世の太陽とまったく同じものが霊界にも存在しています。それは霊太陽といわれる存在です。霊太陽は、地上で見る太陽とは少し色合いが違い、やや白っぽく見えます。この霊太陽が、大宇宙の生命たちに光のエネルギーを送り込んでいるのです。霊太陽の霊的エネルギーと、この世の太陽の光エネルギーとは、実は同じエネルギーの裏表なのです。この世に物質化して現れる場合と、物質化しない場合という違いだけで、エネルギーとしては同じものです。これが、霊界のものと、この世のものとが、行ったり来たりする理由です。最近の先端的な物理学でも、素粒子のなかには、「物質、物体のような現れ方をしたかと思うと、突如、消えてなくなる」というものがあることが分かっています。「姿が消えては、また現れてくる」という、出たり消えたりする幽霊のような素粒子が、数多く見つかっています。これは実は、霊的エネルギーと、この世的エネルギーのあいだを、行ったり来たりしているのです。極小の単位、いちばん小さな単位において、霊界とこの世を行ったり来たりしているわけです。そのようなことが起きるのは、霊太陽のエネルギーと地上の太陽のエネルギーとが表裏一体のものであるからです。霊太陽から出ているエネルギーは、この世の太陽の光エネルギーと一体化して、大宇宙のなかを進んでいます。霊太陽のエネルギーは霊界に生きているものたちを満たし、この世の太陽光のエネルギーは植物や動物たちを養っています。そして、その二つのエネルギーが転生輪廻を経て合体しているのです。共に裏表になりつつ、二つになり一つになりしながら、大宇宙のなかを巡っているのです。  

 物理学の法則のなかにも、「物質とエネルギーは同じである」というものがあります。「物質はエネルギーの表れにしかすぎない。物質はエネルギーに変換することも可能である」ということが知られています。これは物理学の法則としては知られていますが、その現実の意味を、大多数の人々は知らずにいます。それは、「霊界とこの世は置き換えることができる。互換しうる。そこには置換法則が働く」ということです。霊的存在が、この世の存在として現れることもでき、また、この世の存在が、霊的存在に移行することも可能なのです。したがって、虚空のなかから物質が出現し、この世に存在することは可能です。また、この世に存在するものが、蒸発するかのごとく消えていくことも可能です。人間は、そのようなエネルギー磁場のなかに生きているのです。」

 ところで、『太陽に恋して ガイアの霊言』(P-89~91)では、このように語られておられました。

「三次元において地球にある植物や動物も、その命の源は太陽の光です。同時に、霊界においても、霊界の大きな太陽の力が、地球にあらゆるものを存在させ、生長させ、繁栄させようとする。この「霊界の太陽」に相当するものが、実は、アルファ様の本質なのです。」

 「相当する」という表現を使われております。

 「霊界の太陽」は、地上で見られる太陽とは別ですが、スウェーデンボルグの言う「相応の理」によりつながっています。この世の太陽は「霊界の太陽」の影に当る。「霊界の太陽」こそ信仰の対象とすべきというのです。スクリーンショット (125)

 神智学でも、霊界の太陽が霊界で全ての力の源泉であるといわれます。

 私たちは、この地上に転生する前は霊天上界におりました。そして、この霊天上界では、霊として自由自在な生活をしていたわけです。そこではどこからエネルギーを供給していたかと言うと、霊太陽からエネルギーを得ていたということです。この地上でも日中は太陽が輝いておりますが、このような光を受けて生きていたということです。そして、この霊界における霊太陽にエネルギーを供給しているご存在がおられる。このあらゆるエネルギーの供給源、源となっているご存在を「エル・カンターレ」と言う。