宇宙人の移住・地球的価値観の確立

 幸福の科学大川隆法総裁は、『太陽の法』で、創造主が人類を創造し、その後他のさまざまな星から指導的な立場にある人類型生物を呼び寄せたことを明らかにしました。

 その『太陽の法』には、宇宙と人類の「創世記」が以下のように記されている。

 創造主(根本仏)は約1千億年前に三次元宇宙の創造を意図し、約400億年前に実際に創造した。そして約46億年前に地球を誕生させ、約4億年前に人類を創造した。地球文明以前に金星文明が存在しており、金星人の霊的生命体を呼び寄せ、地球の初めての人類を創り出したという。そして、転生輪廻を通じた魂修行の仕組みも整えた。

地球人類の創造まで

 創造主による地球と人類の創成を手伝ったというガイアという霊存在の霊言が収録されており、そこでは以下のように説明されている。

「星によって、星団によって、いろいろと目的が違うし、その進化の度合いにも、ずいぶんずれがあるのですけれども、やはり新しくつくる以上は、何か、そういう『理念』がなければつくれません。

 ただ、直前の文明としては金星文明があったので、『金星文明を踏まえつつも、それとは違ったものをつくろう』と考えたのです。どちらかといえば、金星文明は、『調和』が極めて強かった文明かと思います。長い調和の間に、『芸術性』や『美しさ』も、そうとう出てきたとは思うのですけれども、ある意味で、停滞し、衰退した部分もありました。

 そこで、地球では、『進化の速度を、もう少し上げよう』という計画が最初からありました。ある意味での『新しい創造と破壊』、『変転』、こうしたものを強く入れ、わりに変化の激しい星にして、魂にいっそうのチャレンジのチャンスを与えるような環境をつくろうと考えました」(『太陽に恋をして―ガイアの霊言』より)

 大川隆法総裁は、著書『太陽の法』の中で以下のように説かれました。

「エル・カンターレは慈悲と智慧の光を増幅させて、九次元界に巨大な光球を創り出しました。そしてこの光球に金星人として最高度に発達した人霊を送り込み、再生のパワーを与え、やがて小さな光に分割し、地球起源の八次元以下の表の光の指導霊たちを何百体か創造しました。そして彼らに個性を与えるため、九次元パワーの総力を挙げて地上に物質化現象を起こしました。まずは蜃気楼のような透明なゆらめきが地表に現われ、次第に人の影のように見えはじめ、最後には、白く輝くばかりの肉体が出現しました。初めての人類が、五人、十人、百人、そして五百人と、続々空中より出現した時、彼らを二つの集団に分け、右半分の集団には、金星人の智慧と勇気の光を投げかけ、左半分の集団には、同じく金星人の優美さ、優雅さの性質を帯びた光を投げかけました。こうして人類の男性と女性が分かれました。彼ら、彼女らが、後にギリシャ系、あるいは仏教系の諸如来、諸菩薩、観音などとなった、高度に進化した魂を有する人類だったのです。やがて彼らの肉体子孫も増え、優秀な金星人霊たちも、数多く、地球人としての肉体生活の経験を積みました。そして彼らの人口が地上で七億七千万人を超えたころのことです。エル・カンターレは、自分の創造した高級人類の子孫たちに、指導者としての経験を積ませるためには、類人猿たちより進化した生物を生活させ、それらを訓育・指導させる必要があることを感じました。そこで、他惑星からの人類型生物の導入を決定しました。この頃、他惑星からの移住計画の立案のため、射手座の九次元意識アモール(イエス・キリスト)、白鳥座のセラビム(孔子)、蟹座からモーリヤを招来し、彼らの意見を参考としました。しかし当時、地上には、恐竜などの巨大生物が徘徊しはじめていたので、地上に慣れない移住民たちが生命を奪われる怖れがありました。そのため、最初にマゼラン星雲の惑星から招来した人間に似た生物たちは、やや自己顕示欲と自我が優勢な、戦闘性の強い種族になりました。それでも、彼らは科学技術において高度なものを持っていたので、宇宙船に乗って地球にやってきました。姿形は、現在の人類とよく似ていますが、耳の先がとがっていることと、猫のような尻尾がついていることが彼らの特徴です。やがて、とがった耳や尻尾は徐々に退化していきましたが、彼らの心の中に残るその自己イメージのため、天上界に戻っても、一部の人たちは天狗や仙人、鬼、妖怪などの姿に変化していきました。エル・カンターレ系の高級人類たちは、いわば王家の人々として、彼ら移住者たちを地球になじむように同化政策を押し進めました。しかし、移住者の中の指導者たちは、光のエネルギー総量は多いものの、わがままな荒神、祟り神的要素をもつ者も出てきて調和を乱したので、これを裏側に封じ込め、天上界にも、八次元、七次元、六次元世界に表側と裏側ができはじめました。」

 

500種類の宇宙人移住による文明実験

 その後、何千万年か経って、地球人類に新たな経験を積ませるために、マゼラン星雲のゼータ星人を呼んだ。

 

 「進化の速度を上げる」ために、地球人口が7億7千万人を超えたところで、他の星から人類型生物を呼び寄せたのです。

 そして、地球ですでに養った文化の下で、地球系の新しい教えに基づく協調実験をすることにしました。

 当時は恐竜が生存していた時期で、人類の肉体を一段強いものにする目的もあったという。

 しかし、出自が違うために違和感も出てきた。そのため、三億数千万年前に、エル・カンターレの本体意識の一つが「アルファ」という名で最初に地上に生まれることになりました。アルファ は、地球系の人類と他の星から来た宇宙種の人類を、地球人として一つの教えの下にまとめました。地球は非常に創造性に満ちており、新しい考え方や思想の下に文明実験ができると考えられた。それで、古い星から来た人の記憶を白紙に戻し、地球人として人生をリセットするよう勧めた。しかし、地球人が非常に霊的には進んでいることは認めても、「自分たちのほうが技術的に優れている」とうぬぼれる者もいて、最初の戦争に当たるようなものが起きました。アルファは、地球種人類の霊的能力の開発を進めた。地球人の霊力で、宇宙人はだんだん組み敷かれていきました。

 翼竜型宇宙人が現代的には天狗の原型です。また、違った種類の超能力を持っている宇宙人が仙人型の人類です。我々が裏側と呼ぶ種族はこの頃から出始めていました。最初に来た宇宙人の中には、ユダヤ教的には七大天使と言われる方もいた。彼らは今天使の世界での最上級と言われているが、現実にはそうではなく、各国にも同じようなランクの霊団が存在する。同じ地域に転生を繰り返すと、民族性がはっきり出る。民族ができるに当たって、宗教が大きな役割を果たしました。レプタリアンという地球にとっては異物の投入がみとめられるわけです。

 

 2010年以降に行われた宇宙人リーディングでは、500種類にのぼる宇宙人が地球に移住したことが判明している。

 創造主は、人類創成以降、アルファ や エローヒム などの名で地上に生まれ、多様な価値観を融合する教えを説いてきた。人類が大調和する地上ユートピアの建設を目標としたものである。

 アルファ神が地上に生まれた意味について、大川隆法総裁は著書『アルファの法』でこう述べている。

「『地球系の人類と、他の星から来た宇宙種の人類とを協調させ、「地球人」として、両者を一つの教えの下にまとめていく』という指導者となるべく、アルファという存在が地上に生まれたのです。そして、さまざまな矛盾する事柄に関し、人類として生きるべき道を与えました。地球のよいところは、非常に創造性に満ちているところだったので、『新しい考え方や思想の下に、まだまだ文明実験が可能であろう』と思われました。そこで、元いた星の古い記憶を持っている人たちに対しては、いったん、それをリセットして白紙の状態に戻し、地球という環境で、新たに地球人としての人生をスタートするように勧めました」

 アルファ神が説いたこうした教えの下に転生輪廻を繰り返し、魂修行をすることによって、「地球人」としての自覚が芽生え、融合が進んでいったのだという。

 

 最近は、宇宙人のリーディングにより レプタリアンという爬虫類型宇宙人が悪者にされているのですが、金星系の「調和」とレプタリアンの「進歩」の混合文化が作られているのではないでしょうか。金星系だとエル・カンターレ系で、レプタリアンだと悪い者というのでは、人種差別以上の差別になってしまうような気がします。今までは「本来はひとつのものだった」という愛の考え方とは別に、「違うものだからこそ愛し合わないといけない」という考えがでてくるのかもしれません。

 アルファが最初に統一的指導者として出たが、その弟子の中から次々と転生して宗教指導者として出た者も数多くいる。他の星からも九次元指導霊を呼び寄せ、幾つかの星の宇宙種の人類を地球に招いた。いろいろな惑星の文化を入れつつも、地球オリジナルのものを創ろうと努力してきました。

 

「弱肉強食」のレプタリアン種とどう共存するか

 「マゼラン星雲からの移住民たち」と言われているのは、エンリルやルシフェルを筆頭とする人々ですが、これは「レプタリアン」と呼ばれる宇宙人たちであることが明らかにされています。やや自己顕示欲と自我が優勢なため、他の人類との調和が難しかった。

 レプタリアンは、アメリカなどでは宇宙人の種類としてよく知られている。アメリカで報告されているアブダクションには、レプタリアンによるものと見られる被害の証言が数多くあるためです。一般的に、レプタリアン種は、獰猛な性格で、人間を食べたり、他の星を侵略して略奪したりするとされている。「エイリアン」や「プレデター」などのハリウッド映画では、レプタリアン種の野蛮で残忍な生態が忠実に描かれている。そんな種族を創造主が地球に招き入れたのは、レプタリアン種の志向する「進化」や「競争」の原理を取り入れ、よりダイナミックな進化を重視した人類の魂修行の環境をつくるためだった(レプタリアン種が科学技術を発達させ、他の星を侵略し続けていたため、創造主が教育のために「引き取った」という説もある)。そのため、一方で負の部分も大きくなった。レプタリアンは、「強い者が弱い者を支配するべきだ」という弱肉強食の考え方が強く、他の種族との共存共栄が課題となったからである。

 人類史上、レプタリアン種をどう調和させてきたかについて、大川隆法総裁は『アルファの法』で以下のように説かれた。

「要するに、『強い者が弱い者を打ち倒すのは当然だ』というような考え方が一つ入ってきているので、それが戦争等の原因になっているのだと思うのです。

 元の金星系の思想や地球系だけの思想には、そういう考え方は十分にはなかったのですが、そのような『競争の原理』が入ってきました。

 それを完全に排除できないのは、それには、一部、『進化の原理』として機能しているところがあるからです。そのため、『それを完全には取り除かずに、個性として残しつつ、そのひずみの部分を調和させる』ということに努力しました」

 

レプタリアン種は、「与える愛」や「自己犠牲」を学んできた

 「ひずみを調和させる努力」とは、金星の流れをくんで地球に移住してきたプレアデス星人、琴座のベガ星人らが「調和」を重視する人々で、「進歩」を重視するレプタリアン種と融合し、新しい地球文明をつくろうとした。

 プレアデスの教えは「美」「愛」「調和」と一部「発展」があるとされ、ベガの教えは、「心のあり方によってその人の運命が変わる」という神秘的な「心の教え」だとされている。

 宇宙人としてレプタリアンがよく知られているように、プレアデス星人も有名な宇宙人の種類である。一説には、日本の昔話の「かぐや姫」はプレアデス星人だったのではないかといわれている。ベガ星人も同様で、映画「コンタクト」で主人公(ジョディ・フォスター)の前に父親の姿で現れる宇宙人はベガ星人だったとされている。

 それぞれの星の文化の「融合」を目指したということだが、ただ、レプタリアン種は地球に移住した宇宙人のなかで3割いる最大勢力とされており、地球で教育することは困難を伴うものだったと想像できる。

 映画「宇宙の法―黎明編―」では、アルファとして地上に降りた創造主が「与える愛」や「自己犠牲」の大切さを教えていた。「強い者が欲を抑え、弱い者を助ける」ところに「徳」が生まれてくるという教えである。

 レプタリアン種が地球で学び続けてきた内容について、総裁は『青銅の法』で以下の解説している。

「この地上においては、種族の保存という意味における『男女の愛』以外に、『隣人愛』や『世界愛』『民族愛』といったものが存在します。こうしたものが宇宙人たちには理解できないので、彼らは勉強したいと思い、今、何とか学ぼうとしているわけです。

 そして、『自己犠牲』などという精神が、なぜ、高度な知性を持った存在に宿ることができるのかについても知りたいと思っています。

 頭がよかったり、強かったりすれば、弱い者を滅ぼせます。それなのに、なぜ、滅ぼそうとはせずに、自己犠牲を払ってでも、愛の行為を示すのか、慈悲の行為を示すのか、平和を求めるのか。それが、なぜなのかが分からないから、勉強したいと考えているのです」(第4章「宇宙時代の幕開け」)

 

宗教の始まり・高級霊の指導の始まり  

 話し合いで解決しない対立も出てきたことから、より高い霊的覚醒を持っている者が、そこまで至らない者を導くシステムができた。これが高級霊が人類を指導するシステムの始まりです。世界に広がったいろいろな宗教も、もとは人類が共存共栄していくためのルールです。地方や地域において適性のあるルールをつくるということであった。これらの指導霊が天使と呼ばれる人たちになっていった。光の天使たちが、何が正しいかということに基づいて、この世のルールを守るように指導し、ルールから外れた場合に反省をさせることを教え始めた。これで「反省の原理」が出てきました。地上生活を繰り返すうちに、魂的に地上に強く惹かれる者が多くなってきたので、宗教的な指導者が 信仰心 を強く教え、「三次元の地球だけが世界のすべてではなく、あなた方を存在がある」と教えるようになった。これが、人間の側から見た神の存在であり、神の側から見た人間のあり方の教えです。

 

地球で新しい指導者を育て、ユートピアを宇宙に広げる

 創造主の教えによれば、地球は「愛の星」なのだということになる。創造主を信仰し、「与える愛」や「自己犠牲」を実践できるようになれば、レプタリアン種の野蛮性や残忍性が発展的に昇華され、他の人類と共存できるようになるというわけである。

 強い者、優れた者は他の人を自由にできるところを踏みとどまり、他の人のため、「与える愛」や「自己犠牲」に生きることで、「徳」あるリーダーにもなる。

 500種類以上の宇宙人がぶつかり合いながらも、一つの星の上で国家や地球のレベルの幸福(地上ユートピア)を実現しようとする中に、新しいリーダーが生まれてくる。創造主は、そうした魂修行を通じた文明実験を3億年以上にわたって見守り続けてきた。

 『太陽の法』などによれば、その間さまざまな失敗もあり、文明そのものが滅びてしまうこともあった。創造主はそれを許し、人類に何度も何度もチャンスを与え続けている。地球は「愛の星」であると同時に、「許しの星」でもあるといえる。

 また、地球は、多様な価値観が共存する「寛容な星」でもある。500種類以上もの宇宙人が共存しながら地上ユートピアをつくろうとしている星は、他にはないのかもしれない。それは、創造主自身が「愛」「許し」「寛容」そのものであることを意味する。さらには、そうした考え方の下に地球や人類を生み出し、育んできた「創造」の神でもあることを意味する。

 この数年の幸福の科学の宇宙人・UFOリーディングでは、地球で成長した新しい指導者たちがやがては元の星に戻ったり、初めての星に移住したりして、ユートピアを宇宙にも広げようとしていることも分かってきた。おそらく、人口100億人を超える時期には、他の星への植民・移住が始まっていくものと考えられる。

 地球は、今、そうした「宇宙時代」の入口に立ち、人類が宇宙的な観点を持つことを求められているといえる。

 調和的な人種を増やすため、2億7千万年前にオリオン座から10億人の移住者を受け入れ、1億3千万年前にはペガサス座から約20億人を飛来させました。

「さて、先のマゼラン星雲からの移住民たちが、自我が強く、やや調和を欠いているため、エル・カンターレは、新しい人類の導入を決定しました。こうして、二億七千万年前、オリオン星座から、大挙十億人の大船団が地球に飛来してきました。これが第二回目の宇宙からの移住です。当時、エル・カンターレ系の金星人霊団で、地球で転生の経験を積んでいた者は、すでに百億人を超えていたので、大規模な移民の受け入れが可能だったのです。このときに、九次元大霊として三体がやって来ました。すなわち、アケメーネ、オルゴン、そしてカイトロンです。アケメーネは、インドでは人類の始祖としての伝説とともに伝えられているマヌと呼ばれている高級霊です。オルゴンは、マイトレーヤー如来と呼ばれている方で、ラムディア大陸の時代、アトランティス大陸の時代にずいぶん活躍したのですが、ここ一万年ほどは、あまり地上に出ておりません。カイトロンは、神智学におけるクート・フーミーという方です。主として科学技術を担当。ギリシャに生まれ、アルキメデスと称されました。近代に再び生まれたのですが、そのときは、ニュートンという名で呼ばれていた方です。これを機会として、大霊団を収容するために、地球五次元善人界が整備拡充されました。

 そして約一億五千万年前、エル・カンターレの本体が地上に下生し、巨大な光文明を建設しました。地球的仏法真理が確立され、他惑星人の指導教育が一層進みました。エル・カンターレヘの帰依者も続出し、地球人としての共通意識ができてきました。

 さらに、一億三千万年前には、エル・カンターレ系霊団が、高級霊界での分光現象を繰り返し、個性霊として四百億人を超える魂群を確保したことを記念し、ペガサスという星座から、第三陣として、約二十億人を飛来させました。このときに九番目のセオリヤと十番目のサマトリヤがやってきました。セオリヤとは、いまから三千数百年前にギリシャに生まれたゼウスという方です。サマトリヤは、イラン地方に生まれて、ゾロアスター、あるいはマニと呼ばれた方です。あのゾロアスター教やマニ教をつくった方です。こうして九次元に十人がつどい、地球霊団の指導体制がかたまってゆきました。そしてこのころに、新しい地球人のための四次元幽界が、その位置づけを明確化されつつあったのです。」

 

三次元宇宙の中で地球はどんな意味があるか

 三次元宇宙のなかの地球の位置づけについて、『太陽の法』では、創造主が三次元宇宙や地球、人類を創造してきた1千億年の歴史を明らかにしている。その目的について、『ユートピア創造論』では以下のように説かれている。

「結局、大宇宙を創造した仏は、限りない進化と、乱れることのない大調和という、一見背反する二つの目的を整合させるために、宇宙の理法であるところの『法』を考え出したのです。そして、宇宙の理法の体現者、実践者としての役割を、人間に期待したのです。仏は宇宙を統べるにあたって、自分自身が考えた『法』の具体的遂行を、各惑星にある霊団に委ねました。したがって、この地球も、大宇宙に数限りなく存在している他の霊団同様に、宇宙のなかの一地域社会として、その運営を任され、集団で自治をしているのです。それゆえに、地球という星を最高度に進化・発展させ、大調和させていくことが、人間の最高の使命なのです」

 創造主は三次元宇宙をも創造した根本仏でもあり、地球のある天の川銀河だけではなく、他の銀河にも責任を持ちながらも、「集団自治」を任せている。そして、創造主の分霊や分身、あるいは本体がプレアデス星やベガ星、アンドロメダ銀河などに生まれ、「法」を説き、その星の人々を教化してきた。

 加えて、創造主は「生命の大樹」のようにさまざまな銀河や星に広がり、それぞれの星で人類型宇宙人の魂の創成に関わってきたことも、幸福の科学の説く「宇宙の法」では明らかになっている。

 そして、今の時代は、創造主が地球に生まれ、エル・カンターレという名を明かし、人類を導いている。これが三次元宇宙の中での地球の位置づけなのです。

 

地球での文明実験は特別なもの

 目に見えるこの三次元宇宙は、創造主あるいは根本仏から見れば、「右目」にあたるのだという。

「我らが住んでいるこの大宇宙というものは、神が創られた世界を見るための『窓』の役割を果たしているのです。私たちが住んでいるこの宇宙をとおして、他のすべての世界が非常にわかりやすいようなところになっているのです。

 すなわち、私たちが住んでいる宇宙空間というものは、神の創られた世界のなかではひとつの代表作品なのです。神が理想とするさまざまな要素をここに集めてあるのです。そして、それが箱庭のようになって、その世界のなかでいろいろな類型、モデルとなる事件が起きているのです。そういう世界であるということです」(『悟りの極致とは何か』より)

 三次元宇宙が「右目」にあたるということは、それとは別の宇宙が数多く存在することを意味する。

 創造主が三次元宇宙を創ったのは約400億年前とされるので、それ以前には他の宇宙の創世に関わっていたのではないかとされている。創造主は、三次元宇宙をも一つの文明実験として位置づけているようである。

 地球での文明実験は、宇宙の隅で行われている小さなものにも思えるが、大宇宙の創造主が直接、地球を導いていることを考えれば、宇宙のスケールで見て特別なものであるといえるのではないでしょうか。