孫子の兵法 第十二章 火攻篇

五種類の火攻め

 孫子は、火攻めの種類は5種類あると言います。

 1:火人(兵士を焼きうちする)  

 2:火積(野外の集積所に貯蔵されている物資を焼き払う)  

 3:火輜(物資輸送中の輜重部隊を焼きうちする)  

 4:火庫(屋内に物資を保管する倉庫を焼き払う)  

 5:火隧(敵の補給路、行軍路、橋梁などを炎上させる)

 火攻めの実行には、自軍に内応したり、敵軍内に紛れ込んで放火する破壊工作員が当たる。内応者や破壊工作員は、必ず前もって用意しておく。

 火を放つには適当な時節がある。放火後 火勢を盛んにするには適切な日がある。火をつけるのに都合のよい時節とは、天気が乾燥している時候のことである。火災を大きくするのに都合のよい日というのは、月の宿る場所が 箕・壁・翼・軫の星座と重なる日のことである。これらの星座が月にかかる時は、必ず風が吹き荒れるそうです。「箕」「壁」「翼」「軫」というのは、古代中国で天体の位置や動きを知るために考え出された、『二十八宿』という天体観測方法に用いられる星座の中の4宿です。まず、天を東西南北の4つの方向の分け、東は蒼龍、西は白虎、南は朱雀、北は玄武の四神(四つの聖獣がそれぞれの方角を守っている)をあてはめ、それぞれの方角をさらに七分割で、全部合わせて二十八宿。それぞれの方角にある星座を使って方向を見るわけです。

 火攻篇は、それぞれの場面に対する臨機応変な攻撃の仕方へと移ります。

『およそ火攻は、五火の変に因りてこれに応ず』

 火攻めの時の攻撃法に関して、5種類の場面があるとしています。

・敵陣に火の手があがった時・・・外側から素早く攻撃して追い討ちをかける

・火の手があがっても敵陣が静まりかえっている時・・・そのまま待機して様子を観察し、攻め時を見極め、チャンスが無ければ攻め込まない

・敵陣の外側から火を放つ事が可能な時・・・内応者(敵に潜入している味方)の放つ火の手を待つ事なく、チャンスがあるのなら、外側から火を放つ

・風上に火の手があがった時・・・風下から攻撃してはならない

・昼間の風は長く続くが、夜の風はすぐにやむので、その点に注意しなければならない

 

火攻めは水攻めにまさる

 孫子は、火攻めと対照させるように水攻めについても書いています。

『火を以って攻を佐(たす)くる者は明なり。水を持って攻を佐する者は強なり。』

 水攻めは火攻めと同じくらい有効である。ただし、水攻めの場合は、あくまで敵の補給路を断つ事に専念すべきで、決して既に蓄えてある物資を奪おうとしてはなならいとしています。

 火を攻撃の補助手段にするのは、将軍の頭脳の明敏さによる。

 水を攻撃の補助手段にするのは、軍の総合戦力の強大さによる。水攻めは敵軍を分断することはできても、敵軍の戦力を奪い去ることはできない。

 

軽々しく戦ってはならない

 現在でも応用可能な重要な語句が登場します。

『戦勝攻取してその功を修めざるは凶なり』

 「たとえ戦争に勝っても、その目的を達成できなければ、負けたのと同じである」

 戦争は戦うために戦っているわけではありません。何らかの目的があって戦いに挑んでいるわけですから、その目的が達成できなければ意味がありません。

『利にあらざれは動かず、得にあらざれば用いず、危にあらざれば戦わず』

 有能な大将は、有利な状況でなければ動かず、必勝の作戦しか用いず、よほどの事が無い限り戦わない。

『怒りを以って師を興すべからず 憤(いきどお)りを以って戦いを致すべからず。利に合して動き、利に合せずして止む』

 怒りにまかせて軍事行動を起こしてはいけません。有利だと思えば行動し、不利だと見れば撤退する。人間どうしても感情が先立ってしまいます。また、勢いにまかせて突っ込んでしまうという事もあります。そういう場合、撤退すると臆病者呼ばわりされる事だってあります。

怒りに身を任せるな

『怒りは以って複(ま)た喜ぶべく、憤りは以って複た悦(よろこ)ぶべきも、亡国は以って複た存すべからず、死者は以って複た生くべからず』

 怒りやいきどおりは、時が経てばいつか喜びに変わるけれど、亡くした国や死んだ人は、もう戻っては来ない。大将たる者、この事を肝に銘じてこそ、国が安定し人が力を発揮できるものなのです。

 

利益にならない戦争はしない

 火攻めは水攻めと違って物資を燃やすことができる。滅んだ国は再興せず、死んだ者は生き返らない。  

 →一石二鳥の戦略や戦術があれば、それを選ぶ。