孫子の兵法 第十三章 用間篇

 孫子の兵法の中で最も重要とされるのが『用間篇』です。

 用間の「間」は間者の「間」、つまり、スパイの事です。

 孫子がこの兵法書を通して強調している事は、戦争には莫大な費用と膨大な人数の兵士が必要であるという事。戦いが長引けば、その費用も人の数も山のように積み重なって、たとえ戦争に勝ったとしても、その損失は国家を傾ける事になるかも知れないのです。

 

敵情を察知せよ

『而(しか)るに爵禄百金愛(おし)みて敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり』

 間諜に爵位や俸禄や賞金を与えることを惜しんで、決戦を有利に導くために敵情を探知しようとしないのは、不仁の最たるものである。そんなことでは、とても民衆を統率する将軍とはいえず、君主の補佐役ともいえず、勝利の主宰者ともいえない。

 だから、聡明な君主や知謀にすぐれた将軍が、軍事行動を起こして敵に勝ち抜群の成功を収める原因は、あらかじめ敵情を察知するところにこそある。事前に情報を知ることは、鬼神から聞き出して実現できるものではなく、天界の事象になぞらえて実現できるものでもなく、天道の理法とつきあわせて実現することもできない。必ず人間の知性によってのみ獲得できるのである。

 孫子では、その間者の種類は5種類あるとしています。それらの間者を敵に知られないように使いこなすのは難しい事ですが、もし使いこなせたら、それは「宝」にも等しいのだそうです。

その5種類とは

 ・郷間・・・繰り返し敵国に侵入しては生還して情報をもたらす

 ・内間・・・敵国の民間人を手づるに諜報活動をさせる

 ・反間・・・敵国の官吏を手づるに諜報活動をさせる

 死間・・・敵国の間諜を手づるに諜報活動をさせる

 ・生間・・・虚偽の軍事計画を部外で実演して見せ、配下の間諜にその情報を告げさせておいて、あざむかれて謀略に乗ってくる敵国の出方を待ち受ける

 これら五種の間諜が平行して諜報活動を行ないながら、互いにそれぞれが位置する情報の伝達経路を知らずにいるのが、神妙な統括法(神紀)と称し、人民を治める君主の貴ぶべき至宝なのである。

 

スパイを使いこなす

 スパイ活動を行うときに心得ておくべきポイントは次の3つです。

1 情報セキュリティを強化する

 有益な情報ほど他者に知られてはなりません。得るだけでなく、それを隠しておくことも重要です。

2 敵の周りから調べる

 敵に直接接触するのではなく、まず関わりのある人などから情報を集めること。

3 敵のスパイを利用する

 敵のスパイを逆に利用して、探りをいれます。わざと情報を漏らして、情報を操作するのも策です。

 君主や将軍が俊敏な思考力の持ち主でなければ、軍事に間諜を役立てることはできない。部下への思いやりが深くなければ、間諜を期待どおり忠実に働かせることができない。微妙なことまで察知する洞察力を備えていなければ、間諜のもたらす情報の中の真実を選び出すことができない。

 何と測りがたく、奥深いことか。およそ軍事の裏側で、間諜を利用していない分野など存在しないのである。

 君主や将軍が間諜と進めていた諜報・謀略活動が、まだ外部に発覚するはずの段階で他の経路から耳に入った場合には、その任務を担当していて秘密を漏らした間諜と、その極秘情報を入手して通報してきた者とは、機密保持のため、ともに死罪とする。

 撃ちたいと思う軍隊・攻めたいと思う城・殺したいと思う人物については、必ずその官職を守る将軍、左右の近臣、奏聞者、門を守る者、宮中を守る役人 の姓名をまず知って、味方の間諜に必ずさらに追求して、それらの人物のことを調べさせる。

 敵の間諜でこちらにやってきてスパイをしている者は、つけこんでそれに利益を与え、うまく誘ってこちらにつかせる。そこで反間として用いることができる。反間によって敵情がわかるから、因間や内間も使うことができる。反間によって敵情がわかるから、死間を使って偽りごとをした上で、敵方に告げさせることができる。反間によって敵情がわかるから、生間を計画どおりに働かせることができる。

 五とおりの間諜の情報は、君主が必ずそれをわきまえるが、それが知れるもとは、必ず反間によってである。そこで、反間はぜひとも厚遇すべきである。

『間より親しきはなく、賞は間より厚きはなく、事は間より密なるはなし』

 最も信頼のおける人物に、最も高い報酬を与え、最も秘密にしておかなければないない。

『聖智にあらざれば間を用うること能わず。仁義にあらざれば間を使う事能わず。微妙にあらざれば間の実を得ること能わず。』  

 人格者であり知恵のある者でなければ間者は使いこなせない。人を慈しむ心を持つ者でないと間者は使いこなせない。細かな気配り・配慮がないと実際の功績は得られない。間者を雇う側にも かなりの条件が必要なようです。

 そして、孫子曰く、間者を用いない戦は考えられないのだそうです。

 もし、その間者が情報を外に漏らしたならば、たとえ味方にであっても、主君と間者の間で交わされた極秘情報を漏らした者は即刻死あるのみ。その情報を聞いた者も殺さなければならないのです。

 そして、間者を使った具体的な方法です。いざ戦いが始まろうとする時、まずは敵の指揮官や側近・門番・従者などの名前を入手し、間者を送り込んで彼らの動静を探らせなくてはなりません。もし、敵の患者が潜入している事がわかったら、これを手厚くもてなして買収し味方にとり込んで、今度は「反間」として敵に送り込むのです。この「反間」には、敵国の者をとり込む役目を荷ってもらいます。敵の領民をとり込んで「郷間」とし、敵の役人をとり込んで「内間」とするのです。そうする事によって、敵の動静を知る事ができます。

 そして、そのような時に「死間」を送り込んで、偽の情報を流し、もちろん動静も探らせます。

 ここまで来たら「生間」を送り込んで、更なる情報を入手。 この頃には、敵国には、こちらが放った「反間」「郷間」「内間」「死間」が動いていてくれますから、「生間」はすんなりと任務を遂行する事ができ、更なる重要な情報得る事ができ、より密な敵情視察が可能になるのです。

 主君たる者、この五間の使い方を充分と心得ていなければなりません。

 これら五間の中で最も重要なのは「反間」です。「反間」には最も良い待遇を与えなければなりません。

 聡明な君主やすぐれた将軍であってこそ、はじめてすぐれた知恵者を間諜として、必ず偉大な功業を成し遂げることができるのである。この間諜こそ戦争のかなめであり、全軍がそれに頼って行動するものである。

『昔、殷の興(お)こるや、伊撃(いし)、夏に在り。周の興こるや、呂牙(りょが)、殷に在り。故にただ明君賢将のみよく上智を以って間となす者にして、必ず大功をなす』  

 さらに、孫子は故事を引用します。昔、夏の伊尹(いいん)をとり込んで、夏を倒して殷は起こった。そして、今度は殷の呂尚(りょしょう)ととり込んで、殷を倒して周は起こった。このように、優れた君主は優れた間者を用いて成功を収めている。

 そして、最後、孫子はこの言葉でこのすばらしき兵法書を締めくくります。

『これ兵の要(かなめ)にして、三軍の恃(たの)もて動く所なり』

 「情報戦線こそ戦のかなめであり、全軍はこれによって動くのだ」と。

 

事前に間諜(スパイ)を使い敵情を視察する

 敵のスパイも上手く誘ってこちらのスパイにする。

 →情報の価値は非常に重要である。情報収集を怠らないこと。