植物の魂

植物にも魂は宿っている

 幸福の科学の仏法真理に照らし合わせると、私たち人間の本質は肉体ではなく魂です。人間のみならず動物にも魂が宿っており、この地上でさまざまな経験を積むことで魂を磨き、永遠の向上を目指しています。

 それでは、植物はどうでしょうか。植物は人間や動物と違い、自分の意志で動いたり、しゃべったりすることはありません。

 幸福の科学大川隆法総裁は、2010年に行ったブラジル説法での質疑応答で、ベジタリアンに関する質問を受け、植物の魂について以下のように述べています。

「植物にも、かわいいかたちではありますが、ささやかな魂は宿っているのです。植物は、動物のように激しく動くことはできませんが、長時間、ビデオカメラで撮影し、それを高速で再生すると、植物も、ゆっくりとではありますが、やはり動いていることが分かります。彼らも生きているのです」

「植物であっても、喜びを感じます。例えば、暑い日が続くときには、雨が降ると喜びますし、曇りの日が続くときには、太陽の光が射してくると、やはり喜んだりするのです。つまり、単純な意味での喜びや悲しみは植物にもあるわけです」(『真実への目覚め』)

 人間や動物と同様、植物にも魂が宿っており、きちんと感情もあるということです。

 

古木はかなり人間的な意識を持っている

 植物の魂とは どのようなものでしょうか。総裁は、その姿かたちについて、書籍『幸福の原理』で次のように記しています。

「植物の魂というのは、ちょうど私の目から見ると小人のような形で、やはり人間のような姿、形をしているのです。霊視をすると、小さなものでありますが、おとぎ話のなかで見るような、ああしたメルヘンのなかに出てくる妖精のような姿を実際にしております。そして目もあるし、鼻もあるし、口もあります。語りかけることも可能であります。魂としては、そういう形を持っているのです。しかし、彼らも地上を去って天上界に還ってくると、個性化が進んでいる花というのは、そうたくさんはないのです。草花の場合には個性化がそれほど進んでいないから、天上界においても、だいたい群生して共同生活をしているのです。」

「ところが、植物のなかでも大きな木というのがありますね。樹齢何百年というような、そうした大きな木。神社なんかに行くと大木が立っておりますが、ああした樹齢何百年というような木になってくると、相当個性化が進んできているわけです。そしてその神社なら神社で何百年の生涯を送っている間に、神社にまつわるさまざまな歴史というものを見てきて、かなり人間的なる意識というものをきざみこんでおります。こうなると、あの世に還っても、その木は木の意識として、個性あるものとして生きています。こういう場合があります。」

参考