プレアデス星人

 ゼカリア・シッチン氏は、古代メソポタミア文明などの研究者で、「シュメール語文献の解読によって惑星ニビルとニビル星人の存在を知り、それに関する研究書を著している」とされています。

 幸福の科学大川隆法総裁は、著書『「宇宙の法」入門』 宇宙人とUFOの真実』の中で以下のように説かれました。

「最後に一つお伺いしたいと思います。これだけの情報を知っているということは、シツチン氏も、ある使命を持って・・・。

シッチン守護霊 ああ、私も宇宙人です、もとは。はい。地球人に生まれた宇宙人です。

 どちらから来られたのでしょうか。

シツチン守護霊 私? 私はプレアデスから来ました。プレアデスから来ている宇宙人と、琴座のベガから来ている宇宙人と、この二種類がいちばん進化していて、最先端ですね。  レブタリアンがいちばん賢いなんてのは嘘です。これは嘘です。  まだ彼らは肉食人種であることは明らかです。人間で言えば、それは、もう今は滅びた〝人食い人種″みたいなものですので、原始人です。宇宙の原始人ですが、科学的なところだけ、技術的なところだけが進んだものですね。人間を食うのですから、まあ、これは原始人ですね。宇宙の原始人と見ていいと思います。われらは、もっと高度なものを持っております。宇宙人全体から見れば、プレアデス系の宇宙人や琴座系の宇宙人、それから、ケンタウロスのほうから来ている宇宙人等、こうした者たちには、まあ、けっこう、エル・カンターレ系の霊団に寄与している、協力的な人たちが多いですね。精神的な価値に非常に目覚めていて、科学技術と精神的なものの融合をよく理解していますね。地球が、科学的にはまだ未熟だけれども、霊的には、かなり成熟してきていることを十分に理解していて、地球を、科学的にますます発展させると同時に、霊的にも成熟させようと努力している人たちです。

 シッチン氏は、過去世でも、重要な役割を担ってきたのでしょうか。

シツテン守護霊 まあ、今、地球に来たわけではありません。過去世でも、預言者のようなかたちで、宗教的な使命を持って生まれたことはございますよ。あなたがたには、『聖書』の知識は、そんなにはないかもしれませんけれども、『旧約聖書』で言えば、エゼキエルという名前で呼ばれたこともあります。あるいは、まあ、名前は知られてはいないけれども、ヨーロッパで、中世の頃にも、霊能者として人々を導いたりしたこともあります。そうですね、まあ、昔で言えば預言者の仲間であります。はい。」

 人間の魂は、太陽系とか地球という修行場に縛られているのではない。銀河系の果てからやってきたり、逆に行ってしまったりして、大銀河のスケールで、修行場を変えていく魂さえもいる。

 総裁は、著書『ユートピア創造論』の中で以下のように説かれました。

「地球以外の星にも偉大な人類が住んでいます。地球人から見て、2千年ぐらい進んでいる人類もいれば、六千年ぐらい進んでいる人類もいます。いま地球には異星人がかなり飛来しています。なかでもプレアデス星団というところから大量に来ています。現在はここからの飛来がいちばん多いのです。プレアデス星人たちは、肉体を持った集団移住をまだしていませんが、彼らの一部は、魂として地球人の肉体に宿り、地上に生まれてきています。そして、今後、肉体を持って移住してくる人たちが地上に住むための準備をしています。このように、地球人の肉体に宿り、地上で魂修行をした人たちを先達として、プレアデス星人たちは、本格的な移住ができるように計画しているのです。そうした異星人たちの移住は、世紀が変わることから起こり、少しずつ明らかになってくるだろうと思います。その動きは21世紀から始まりますが、25世紀、28世紀、30世紀と、だんだん本格的なものになっていきます。異星人が大編隊を組んで地球に移住してくるようになるのです。しかし一方では、地球の古い人類の一部が地球を去っていきます。霊的に去っていく人たちもいますが、肉体を持ったかたちで、いろいろな乗り物に乗って地球を去る人たちも出てきます。そうした人たちは、さらに進化した惑星を目指したり、あるいは、進化の途上にあって、まだいろいろな可能性のある惑星を目指していくのです。それは、これから約十世紀のあいだに起きてくる出来事です。その間、みなさんはおそらく一回や二回は地上に生まれるでしょう。そして、そうした出来事を現実に体験するだろうと思います。霊的世界においては、これはすでに計画として見えていることであり、かなり前から準備が進んでいるのです。」