左翼貧乏神と戦った名経営者たち

日本の経済成長

 明治維新のころと比べて、現在の経済規模はどのくらい大きくなっているかご存じでしょうか。約800倍にもなる。

 こんなことが偶然起こるはずはない。明治政府の殖産興業や戦後の産業政策なども功を奏しただろう。しかし、現実にそれらを担ったのは、無数の企業家たちである。

 幸福の科学では、明治以降の代表的な経営者たちの霊言を数多く収録している。それを見ると、彼らの活躍は、決して思想家や政治家にも負けていないことが分かる。

 日本はその後、太平洋戦争で敗れた。原爆も落とされ、二度と立ち上がれないと見られた。しかし、やはり無数の企業家たちの登場によって、焼け野原から見事、奇跡の復活を遂げている。

 彼らの成功が、日本を世界第二位の経済大国まで引き上げたことを考えると、まさに英雄的な企業家たちであったと言える。霊言でも、一代で世界的企業を創った者に相応しく、未来志向の力強い言葉で、日本経済のあるべき姿を説いている。

  岩崎弥太郎(1835~85年)  三菱グループの創始者

  安田善次郎(1838~1921年)  維新後は金融業を中心とする財閥を築き、銀行王と呼ばれた

  渋沢栄一(1840~1931年)  日本資本主義の父

  豊田佐吉(1867~1930年)  トヨタグループの創業者

  松下幸之助(1894~1989年)  経営の神様

  中内功(1922~2005年)  ダイエーの創業者

  井深大(1908~97年)  ソニーの創業者

  盛田昭夫(1921~99年)

  本田宗一郎(1906~91年)

  土光敏夫(1896~1988)

  柳井正氏(1949年~)  ユニクロを世界的に展開

  三木谷浩史氏(1965年~)  楽天の創業者

 

左翼貧乏神と戦った名経営者たち

 興味深いことに、名経営者には一つの共通点がある。単に、経営が巧みであったというだけでなく、それぞれの時代で”貧乏神”との戦いに打ち勝っているということである。ここで言う貧乏神とは、金持ちや成功者に対する嫉妬や、その嫉妬を正当化する左翼的な思想のことです。

 

地上に降りた経営者という名の「天使」

 彼らが、厳しい試練を乗り越えて、歴史にその名を刻むことができたのは、決して偶然ではない。その秘密は、”宗教性”にある。幸福の科学の霊言によって、次のような真実が明らかになっている。

 彼らの活躍は、まるで宗教家が神仏の理想を地上に実現するために、経営者として現れたかのようです。実際、彼らの多くは、死後、天上界に還って、繁栄の神になっている。日本だけではない。海外を見ても、カーネギー、ロックフェラー、フォードなど、名経営者と言われる人で信仰心のない人はいない。

 この真実からすれば、今現役で活躍する経営者が これから訪れるであろう試練を乗り越え、神様の世界に入ることができるかどうかは、宗教性の部分が鍵となってくる。

 信仰がなければ乗り越えられない壁がある。信仰があるから乗り越えられる試練がある。それに気づいた者たちによって、日本の奇跡の経済発展はもたらされたのです。

参考