政治・経済・産業記事一覧(1/45)

本来の資本主義の精神は弱者を救う

 これからの経済学の柱となるシュンペーターとハイエクの経済学、ドラッカー経営論、そして二宮尊徳精神のような宗教的価値観も重要です。  「資本主義の終わり」の原因の一つとして、バブルの発生と崩壊を繰り返す極端なマネー経済と …

消費減税をして社会保障の財源は

 一部から「消費増税しないで社会保障の財源はどうするの? 大丈夫なの?」という声が聞こえてきます。「消費税を増税した分を、社会保障のサービスに充てる」という主張は、分かりやすいです。しかし、消費税を増税すると、実際は他の …

国家間の「利自即利他」

 国家間においても、個人における教えである「利自即利他」がそのままあてはまる。それぞれの国はまず自ら発展するよう自助努力しなくてはならないし、そのプロセスで他の国を助けてあげようと考えなくてはならない。  だからこそ、自 …