ドラッカーによるリーダーシップの定義

 ピーター・ドラッカーは、リーダーシップの本質について語っています。それは、「人を動かす」という意味とはまったく違ったものでした。

 ドラッカーは、リーダーシップについて 3つの定義をしています。

 ・リーダーシップとフォロワーシップ

 ・リーダーシップを仕事ととらえている

 ・リーダーシップを責任と見る

 

1 リーダーシップとフォロワーシップ

 「信頼するということは、リーダーを好きになることではない。常に同意できることでもない。リーダーの言うことが真意であると確信を持てることである。それは、真摯さという誠に古くさいものに対する確信である」(参考『未来企業』)

 ドラッカーは、リーダーについて「リーダーに関する唯一の定義は、つき従う者がいるということである」と語っています。「つき従う者」とは、「強制力を以て従わせられる者」ではありません。逆に「そのリーダーを信頼するがゆえに自らの意志に基づいて従う者」という主体的、能動的な意味で解釈されています。

 組織の中には、「役職に就いている」「学歴がある」などの理由だけで、真にチームのメンバーから慕われているわけではないリーダーも多くいます。日々の仕事ぶりが他者から評価され信頼を勝ち得た者のみが、リーダーの名に値するとドラッカーは説きます。形骸化した組織に、リーダーは存在しないのです。

 

2 リーダーシップは資質ではなく仕事である

 「リーダーたることの第一の要件は、リーダーシップを仕事と見ることである」(参考『プロフェッショナルの条件』)

 「リーダーシップとは人を引きつけることではない。そのようなものは煽動的資質にすぎない。仲間をつくり、人に影響を与えることでもない。そのようなものはセールスマンシップにすぎない」(参考『新訳 現代の経営』)

 ドラッカーによると、リーダーの要件とは資質やカリスマ性といったものではなく、リーダーシップを仕事と見ることのできる者とのことである。

 意味のあるリーダーシップとは、「組織の使命を考え抜き、それを目に見えるかたちで確立すること」と考えたのです。リーダーシップは組織の使命を明確にメンバーに提示できることであり、リーダーとは「目標を定め、目標に対しての優先順位の基準を決めてその体制を維持していく者である」と説明しています。

 さらに、ドラッカーは、リーダーに自らも目標に対して行動規範になることを求めています。仕事を成し遂げる者こそ真のリーダーであり、その者の行動こそがリーダーシップである、というのがドラッカーのリーダーシップの2つ目の定義です。

 

3 リーダーシップを地位や特権ではなく責任と見ること

 「リーダーたることの第二の要件は、リーダーシップを、地位や特権ではなく責任と見ることである。優れたリーダーは、常に厳しい。事がうまくいかないとき、そして何事もだいたいにおいてうまくいかないものだが、その失敗を人のせいにしない。」(参考『プロフェッショナルの条件』)

 ドラッカーは、トルーマンの言葉を引用してさらにリーダーシップ論を展開します。ドラッカーが引用したのは「最終的責任は私にある」という言葉です。

 チームでプロジェクトに取り組むとき、部下の行動は栄光を約束されたものばかりではありません。時に思わぬ失敗をもたらすことがあるでしょう。そんなとき、リーダーは部下の失敗に責任を取ることを心に構えなければなりません。

 部下の力に不信感を持ったり恐れを感じたりせず、逆に「部下を激励し、前進させ、自らの誇りとする」と語っています。リーダーシップというと、高圧的な態度で部下に接し、強制や命令、叱咤を繰り返すことで奮起を促すというイメージがあるかもしれません。しかし、ドラッカーは、リーダーは融和的に組織をゴールに導きつつ、すべての責任は自分にあるという潔さを持った存在と捉えているのです。

 

メンバー全員がリーダーシップをとる必要性

 リーダーシップとは、組織の中のトップを意味する言葉ではありません。リーダーシップとは、組織を構成する全員が持ち得るものと捉えるべきです。

 メンバー全員がリーダーシップを持った状態が、目標に向かって価値あるゴールについて考え行動を起こすことにつながります。

 一人のカリスマが君臨するより、組織の全メンバーがリーダーシップを持つ、つまり全員が自分の持ち場でリーダーシップを発揮すれば、アウトプットの質を圧倒的に向上できるのです。

 持ち場で全員のアイディアやスキルが発揮されれば、その集積はそのまま組織の成果物になります。カリスマ一人分のアイディアやスキルなどはたかが知れていることをドラッカーはいち早く見抜いたのです。

経営と真理 へ

「仏法真理」へ戻る