ドラッカー経営学

ドラッカー経営は「ヒトラーの失敗」がヒント

 幸福の科学大川隆法総裁は、まず、ドラッカー経営学が生まれた時代背景について触れた。

 ドラッカーは経営学を研究する以前に、「全体主義」「ファシズム」を研究していた。ナチスが台頭するより前にその危険性を見抜き、『「経済人」の終わり』という本で警鐘を鳴らす。その後、ナチスの迫害から逃れてアメリカに渡り、「企業を繁栄させて、独裁国家が生まれるのを防ぐ」という動機で、経営学を構築した。

 総裁は、ドラッカー経営学とヒトラーの台頭の関連について、新たな見方を提示した。

「『秀才程度なら手に入るが、天才はそんなに手に入らない。天才がいたら、それに困ることはないが、いたら、いたなりに、その天才に限界がきたとき、組織の運営が崩壊する』ということを、彼は見抜いていたと思うのです」

 ヒトラーは軍事的天才として、ナチスドイツ軍の勢力を伸ばした。しかし、戦線が広がれば、どこかで目が行き届かなくなる。その時、天才に頼る組織は崩壊し、ドイツは敗れた。ドラッカーの発想の源には、こうしたナチスの経営的破綻への洞察があった可能性が高い。

 

「天才」よりも「兵法」で勝つ

 ドラッカー経営学の特徴は、「組織としての体制をつくり、教育・訓練していく」というもの。経営の勝敗を、トップの勘や才能に頼るのは危ない。仕事の仕方を固めて、他の人に学ばせることで、経営担当者を養成する必要がある。その意味で、ドラッカーの経営学自体も、天才でなくても学習によって優れた経営を行うための「兵法書」である。

 総裁は、こうした天才に頼らず組織と教育によって戦う考え方を「一言で言えば、『勝つべくして勝て』」と述べる。

参考

経営と真理 へ

「仏法真理」へ戻る