能力考課

 能力を評価するためには、期待される能力像を明らかにする必要があります。通常、職能要件書によって、職種別等級別に作成します。

 

能力考課の基準  

 能力考課の考課基準は、資格等級レベルの全社的な共通標準である職能要件書の内容になります。等級と職種が同じであれば、能力考課の基準も同じです。能力は成績によって把握されますが、中間項によってはストレートに結びつかないことがありますので修正すると同時に、能力以上の成績がでるような環境を作ることが大切です。

中間項の存在
  a. 外部条件  景気の動向、気候、戦争、得意先、同業他社   など
 b. 内部条件  指示命令の明確さ、管理体制、仕事のレベル、支援体制 など
 c. 本人条件  事故、病気、意欲 など 

 能力考課ができない場合   

成績考課

中間項

能力考課

B以上

等級と比較して仕事自体のレベルが低い

出来ない

C以下

等級と比較して仕事自体のレベルが高い

出来ない

やろうとしなかった(責任性D)

出来ない

 

能力考課判定 

 職能資格制度において、能力考課は非常に大事なのですが、逆に判断しにくく、結局は年功的になってしまうということがあります。以下のような能力考課判定表を使うと、考課しやすく、育成ポイントを絞りやすくなります。

育成ポイント確認シート(能力考課判定表) 例

判断系

情報を比較・評価したり、統合・整理したりして、状況や条件に適合した仕事の手段・方法を決める能力 
変化への適切な対応・処理が出来る能力 
理解力がさらに発達した能力
 理解力、判断力、決断力を含む。

 

 下記の着眼点について、それぞれ次の基準で判定し点数を記入してください。

等級

判定基準

十分行っている。8割以上できている

行っている方である。5割以上はできている

十分ではないが行っている
 5割未満であるができている

ほとんど行っていない 
たまに行うことがある
 2割くらいはできている

まったく行っていない
 まったくできていない

  着眼点

 

着眼点の内容

自己

上司

任された仕事は他の関連や重要性まで理解し、上司の意図も汲み取って対応している。

   

文章の読取りや、話の聞き取りが早く、ポイントを正確に把握し仕事を進めている。

   

抽象的な方針や指示であっても、主旨を理解し具体的に仕事を進めている。

   

多少不確実な状況や情報不足であっても、よく計算された判断をし、仕事を進めている。

   

常に的確な状況把握がされており、仕事の優先順位や手段の選択はいつも適切である。

   

問題に直面しても、その現状や実態を冷静に分析し、真の原因を的確に把握し対処している。

   

緊急かつ難度の高い重要決裁事項についても、関連部署の調整も素早くし、明確に意思決定している。

   

決定に対する理由は論理的に説明でき、いつも部下から支持されている。

   

多少不確実な状況や情報不足であっても、将来を予測し、的確な決定ができる。

   

10

課題に対して、最適な対応策を取捨選択している。

   
 

合計

   

 個別の点数により、育成ポイントを抽出し、合計点により人事考課を判定します。 

  評価判定表 例

点数

9等級

8等級

7等級

6等級

5等級

4等級

3等級

1・2

等級

40

             

36以上

           

32以上

         

28以上

       

24以上

     

20以上

 

   

16以上

   

 

12以上

     

8以上

       

4以上

         

1以上

           

             

 

知識・技術の評価 に続く

労働相談・人事制度は 伊﨑社会保険労務士 にお任せください。 労働相談はこちらへ

人事制度・労務管理はこちらへ