大陸の沈没と出現

参考・引用しました

 

 大陸は、巨大海洋火山の噴火、地震の連発によって海底が浮上して誕生します。

 一方、地下のマグマ溜りが水平でかつ巨大な大きさに成長していると、そこで起こる地震第一段階の爆鳴気爆発はマグマを左右方向に押し広げます。続いて起こる地震第二段階の結合収縮反応では、空になったマグマ溜りは潰されてしまいます。震源の上部にある引き領域は海底に沈降してしまうのです。

 島が沈んだり、大陸が数千メートルの海底に沈んでしまうのは、山体崩壊という重力によって海底まで崩落するのではなく、解離ガスの充満したマグマ溜りが爆縮によって潰滅するために、引き込まれるようにして沈下するというわけです。マントル自体に含まれている「解離ガス」(酸素と水素の混合ガス)が爆発を起こし、地殻を下げたり、押し上げたりします。爆発の方向が上向きなら地殻は隆起し、横向きならば沈下します。

 爆発が上向きの場合は地殻の隆起現象。水平の場合は瓜生島の沈没のような沈降現象。水平で震源が浅い場合は、水平のずれ現象となる。

 陸地と海底は、上がったり、下がったりの浮沈を繰り返してきた。エベレスト、天山山脈、カナディアンロッキー、グランドキャニオン、アンデス山脈、そして、特異な形状をしたギアナ高地もかつては海の底だった。グランドキャニオンの地層からは、少なくとも過去に3回の浮沈があったことが分っています。

 アンデスやヒマラヤにはアンモナイトの化石が出てきます。昔は海の底だったのです。グランドキャニオンでは、堆積された地層がくっきりと見えています。昔は水面下にあったことを意味しています。

 アンデスやヒマラヤが海底からあそこまで隆起するような地殻大変動期には、地球の重心が移動してしまいます。回転体の回転軸は重心を通るように変化しますから、地磁気は一定で、地軸が変化する。大陸の陥没でも同じでしょう。

 これまでも、ムー大陸やアトランティス大陸だけでなく、もっと多くの大陸の浮沈があったのでしょう。小規模のものが瓜生島であり、高知湾であり、熱海、沖縄、台湾で報告されている海中遺跡です。

 44億年前より以前には、地球の表面において、マグマに含まれている大量の水が気化し、地球を覆っていた。しかし、地球表面が冷えたので水蒸気が液化し、雨となり、海が形成された。

 マグマ→冷却→陸地→海 の順番で出来たのでしょう。

 海洋部の薄い地殻が浮上して大気にさらされると、熱が奪われて熔融していたマントル物質、つまり、マグマが冷却されます。このとき、マントル上部にあったマグマの内部は解離度が低いので、解離水は少なく、結合水を含んだままの状態で浮上します。火山から噴出するマグマと違って水を含んだまま、しかもゆっくりと冷却されるので、花崗岩が形成されるのだろうと思います。

 すなわち、大陸が誕生し、アルプスのような山脈が生成されるのは、直下型地震という垂直方向の爆発が頻発して、海底が浮上することが原因です。そのとき、マントル上部の結合水を多く含んだマグマが固化し、結晶化して花崗岩の大陸が誕生します。

 結晶化すると体積が増えますので、軽くなりますが、下部の重い玄武岩が花崗岩を浮かせているのではありません。アイソスタシーという概念は固体力学の問題を静水力学の知見で解決しようとする矛盾があります。

 花崗岩は上部マグマ(結合水が多い)がゆっくり冷却したものです。玄武岩は下部マグマ(水は解離しているので無水状態)が冷却する場合と、上部マグマが地表被覆を破って噴出して冷却する場合とがあると思われる。噴出すれば、上部マグマであっても発泡して水は抜けてしまうので、花崗岩にはならない。大陸が浮上すると放熱されるので、マグマは固化するが、無水の下部マグマは重い玄武岩となり、水を多く含む上部マグマは結晶化して軽い花崗岩になる。

 陸側プレートの地殻が薄い場合は、マントルダイアピルが浅い場所でマグマを分離することができるため、安山岩質(初生)マグマが直接生成される。
 陸側プレートの地殻が厚くなると、マントルダイアピルが低圧でマグマを分離できるような部分が無くなるので、玄武岩質(初生)マグマしか生成できない。

 マントル物質は、下部になるほど結合水が少なく、原子状の酸素と水素の混合ガスですから、固化しても花崗岩にはなりません。橄欖岩か玄武岩になるものと考えられます。

 水平方向の爆発が頻発すると、大陸が沈降しての海洋化が起こります。この場合、陸上にあった花崗岩、玄武岩、橄欖岩などの大部分は熱放出の少ない環境で熔融し、マントル物質に同化します。かつて山脈であったような部分は、大西洋のロッコール海台のように花崗岩のまま大陸性地殻の性質を持ったまま存在します。そして、海底火山の活動などで噴出する玄武岩に覆われるようになり、海洋化していくものと推定されます。

 海底部分は浮上すると、温度と圧力が下がりますので、橄欖岩は蛇紋岩などに変質します。また、堆積岩にはアンモナイトのような海底生物の化石などが混じることになります。海底での熱放出は水冷式であり、陸上では空冷式ですが、深海での海流と陸上での空気移動を比較すると、はるかに空気移動のほうが激しいので、空冷式放熱で冷却されるほうが激しいと考えられます。大陸の地殻(固体部分)が厚いのは冷却されやすいからです。

 かつては「ムー大陸」と呼ばれる古陸があった。古陸が無かった場所からは玄武岩熔岩が噴出し、古陸があった場所からは かつての大陸性地殻が熔融した大陸性マグマが噴出しました。

 深さ600kmよりも深い場所では地震は起こらない。これは地球の内部では解離能力が高くなって、結合水が総て解離水に変化するからです。

 地震が同じ場所で繰り返し起きるのも、化学反応(可逆的反応)が繰り返されているからだと考えられます。

 海洋底拡大説という「プレートテクトニクス」の論点は間違いであることが理解できると思います。

 46億年という地球の歴史の中では数え切れないほどの隆起・沈降を経験しているはずですから、大陸は常に、と言っても7600万年に171回という頻度ですが、姿を変えてきたはずです。そのたびに様々な変成岩が生成されるのは当然だと推定できます。

 

フィリピン海にかつて大陸があった

 サイパン、グァム、ヤップ、パラオなどの諸島には、花こう岩や閃緑岩などの陸的要素を多分にもった岩石が知られている。陸と海を境するといわれる 安山岩線 はフィリピン海のはるか東にあって、太平洋をとりまいている。安山岩マグマが噴出している西ノ島も、花崗岩が見つかっている第三西スミス海丘も、安山岩線の西に位置します。フィリピン海の地殻構造をみると、奄美海台、北大東海嶺、沖大東海嶺などには、陸的な要素がうかがえるのである。

 フィリピン海プレートと呼ばれている海域は、「安山岩線と陸地の間」に位置していて、地質学的には「大陸地域」に分類されるその安山岩線とは、地質学的には海洋と大陸の境界を意味するものと考えられています。「一般地室学」(アーサー・ホームズ著)によると、フィリピン海は西と東に「安山岩線」があります。

 サイパン、グァム、ヤップ、パラオなどの島々は『安山岩線』の西、つまり、「ムー大陸があった地域」と考えられる場所にあることが分かります。

 伊豆小笠原―マリアナ島弧や、その西側に伸びる西マリアナ海嶺は、「南方古陸」(「ムー大陸」)にあった大きな山脈が沈降している姿です。

 

1万2000年前に太平洋に沈んだムー大陸

 ムー大陸の位置についてですが、安山岩線や南方古陸という最新の知見から見直すと、フィリピン海を中心とした位置と思われます。

 チャーチワードは、「失われたムー大陸」の中で、ムー大陸の沈没を次のように想定しています。

 ムー帝国の繁栄を支えていた広大なムー大陸、その地殻の下には、恐ろしいおとし穴が口を開けていた。それは、火山帯によってつくられたガスの詰まった穴、ガス部屋(チャンバー)であったと。  チャーチワードは、空っぽのガスチャンバーを想像したうえで、ハワイ、タヒチ、イースターまで含んだ広大なものとなっている。

 しかし、ハワイ諸島やイースター島からは、花崗岩などの大陸地殻の痕跡は見つかっていません。ただ、ムーの文明は海洋文明で世界中に伝播していた。ムーには高い文明があったので、ハワイ、タヒチ、イースターなどの地域まで影響を与えていたのでしょう。

 石切り場で放置されている製作途中のものまであって、「突然、作業を中止し、道具を放り出して消えてしまった」かのように見える

 イースター島のモアイ像をなぎ倒し、製作の途中で放棄させた原因は、アトランティス大陸の沈没によって起こった地殻移動による大洪水が原因ではないのでしょうか。

 沈没したムー大陸への惜別の情を表しているようにも思えます。モアイ像の築造者にとってはムー大陸が母なる大地を意味したのではないでしょうか。周辺の島々に伝わる伝説ではそのように推定できます。

 その像が、アトランティス沈没時の大洪水でなぎ倒され、築造者も一瞬にして犠牲になってしまった・・・ということのように思えます。

 

西之島の不思議 大陸の出現か?

 アジア・オセアニアの地殻に大変動が起きる予兆が現れています。

参考

 ここ数年、日本から東南アジアへの架け橋となる九州で、たびたび噴火活動が起きていることは周知の通り。鹿児島県の桜島は頻繁に噴火を繰り返し、熊本県の阿蘇山、鹿児島県の新燃岳、薩摩硫黄島、口永良部島(くちのえらぶじま)、諏訪之瀬島でも噴火がありました。

 日本から南方に下った太平洋、東南アジア、インドネシア、オセアニアの大地でも、火山活動が活発化しています。フィリピンではタール山が噴火し、インドネシアではこの2年間でソプタン山、クラカタウ山、ムラピ山と3つの火山が立て続けに噴火しました。さらに南下して、パプアニューギニアのラバウルカルデラ、マナム山、ウラウン山、ニュージーランドのトンガリロ山とホワイト島も噴火。「火山噴火のパンデミックの様相を呈している」と言っても過言ではないかもしれません。

 東京から約930キロメートル南方の小笠原諸島の西之島は、活発な噴火を繰り返し、面積は日ごとに拡大しています。

 2014年6月12日、東京の約1000km南方に、南北約650m、幅約200mの小さな無人島があった。西之島である。2013年11月20日、西之島の海岸線から約300m南東沖に海底噴火が確認され、新島を形成した新島は爆発的に、かつ着実にマグマを噴出して成長を続けた。2013年12月、西之島は新島と結合し、一体化した。2014年5月、西之島は、面積は以前の4倍、南北、東西ともに幅1250mの島に成長した。

 最初に噴出したものは安山岩質でした。安山岩質のマグマが噴出するのは、その海域にはかつて大陸が存在したが、大陸の沈下によって、再度熔融し、それが噴出していたということを意味する。ところが、最近、安山岩質に変わって より深部から噴出したと見られる玄武岩質に変わったそうです。

 再溶融成分が噴出し終わったので、今後はその下にある玄武岩質の熔融マントルが噴出したとみられます。

 さらに、南方の硫黄島も日ごとに隆起・拡大しています。太平洋上のこれらの島では、地下からの継続的なマグマの供給が認められており、今後も拡大傾向にあることが指摘されています。

 このまま長い年月が経てば、大陸が形成される可能性も出てきます。

 この小笠原諸島は、かつてのムー大陸があったと考えられる地域のほぼ北縁に位置しています。また、ニュージーランド北部にあるトンガリロ山とホワイト島は、旧ムー大陸があったと考えられる地域の南端より少しだけ南に位置しています。

 西之島や硫黄島などの島が大きな陸地に成長できるかどうかは、供給されているマグマの化学成分を調べれば分かるという。

 西之島や硫黄島や小笠原諸島の島々、九州を形成する火山、東南アジアからオセアニアの火山。これらの場所で噴出している溶岩は、数ある溶岩の中でもほぼ全て、大陸を形成することのできる溶岩なのです。

 日本から南方の太平洋、東南アジア、オセアニアにかけての火山噴火と陸地面積の増大は、「新ムー大陸の形成がすでに始まっている」ことを示唆しているかのようです。

 幸福の科学大川隆法総裁は、著作『太陽の法』の中で新ムー大陸の浮上を予言しておられます。

 

大規模な地盤沈下が起こる可能性も

 これまで海であったところが新たに陸地となると、その規模が大きければ、大きな陸地を形成するに足る岩石を、地球のどこからか自給しなければなりません。

 つまり、新ムー大陸の浮上は、一方で他地域の岩石の欠損が生じる、すなわち沈降し、海中に没する陸地があることを意味しています。

 現在、地球科学的な手法によって地下に大量のマグマがある地域や、大地に大きな亀裂が走っている地域が認められており、それらの地域では大規模な地盤沈下が起こるかもしれません。現代の物質文明で築きあげられた世界に変革を迫るような出来事が控えているかもしれないのです。

異常気象・転変地異 へ

「仏法真理」へ戻る