お知らせ一覧(1/266)

信仰論の発展段階

『「信仰と愛」の論点』から  幸福の科学の信仰論に発展段階があります。それも五段階があるという。 第一段階 霊知識の普及    幸福の科学の歴史を見ますと、『日蓮の霊言』から始まっていますが、 当初は霊知識の普及が中心で …

涅槃寂静

 涅槃とは、初期仏教においては、修行者の目的であって、非常に憧れをもって探求去れた境地である。 そして、その涅槃の境地を一番最初に味わい、自分のものとして享受したのが釈尊だったわけです。  諸行無常で、変化変転する諸存在 …

諸法無我

 諸法無我 とは、空間的観点から考えて「一切のものは実在ではない。  すべてのものは、本来の世界から見たならば、夢幻の世界なのである」という思想です。    あなた方が「本当のものだ」と思っているこの世の出来事は、ちょう …

諸行無常

 諸行無常は、時間的な流れの中で、一切のものが変化変転していくことを中心に捉える思想です。  仏教における時間論です。  すべてのものは移ろいゆくものである。 変化変転していくものとして、一切の現象を見つめなさい。 一切 …