お知らせ一覧(5/450)

教育の目的

 学校の持ついちばん大きな機能は、勉強の仕方を教えることである。  また、教師は、担当教科以外にも、生徒がその後の人生で迷ったり苦しんだりしたときに役立つ、「ものの考え方や判断の仕方、努力の仕方」等を教える必要がある。 …

年をとるということ

 年齢が上がることには、ありがたい面があって、優秀な人と競争をしなくても済むようになって、自分より優秀な年下の人を使えるようになる。  会社や組織を、もっと発展させようと思うならば、若い人のなかから優秀な人がどんどん出て …

乗数効果

 幸福の科学大川隆法総裁は、『未来への国家戦略』で以下のように説かれました。 「乗数効果は、近代経済学を勉強した人であれば、誰もが知っていることです。  例えば、一兆円なら一兆円という国家予算があるとします。乗数効果とは …

日本経済はどうなるか

 いま、日本のなかにある社会主義体制が崩壊過程にある。外資がどんどん日本に入ってきているのは、経済の敗戦ではあるが、それによって考え方の間違いを指摘してもらっていると考えれば、むしろよいことだ。  補助金で保護されている …

ケインズ経済学の本質

 「ケインズ経済学」というのは、「統制経済」であり、「戦時経済」である。  “危急存亡の秋”には効果を発揮するが、平時においても続くのでは、繁栄が生まれてこなくなる。  だから、ハイエクは、長い目で見て、自由を確保しない …