ブログ記事一覧(1/24)

気象兵器

外せない「天意」と「気象兵器防衛」の観点  「台風制御」技術の根底にあるものが、「(自然への謙虚さを前提として)人智を尽くす」というものから「人知の驕り」になった場合、または、その技術を誤った方向に使うなどした場合、大き …

感度分析から着手する優先順位を導く

 感度分析は、ある選択肢が全体に与える影響度を考慮する分析手法の一つです。  商品ごとの開発コストが同じだとすれば、「売上下位80%の商品群の開発をやめても、売上に与える影響は20%、開発費の大きなコスト削減につながる」 …

差異の要因を明らかにするギャップ分析

 ギャップ資料は、IR資料等でよく用いられ、前年度から収益性がどのように変化したのかを説明するときに便利です。  ギャップ分析の特徴には、まず全体のギャップの大きさを示し、次にその差異要因を細かに示すことがあります。収益 …

ツリーで考える方法

 ツリー分析とは、自然の樹木がそうであるように、1つの事柄がいくつかの要素に枝分かれし、全体として意味をもつフレームワークを呼びます。  「意思決定のための分析の技術」で、著者の後正武氏が挙げる、「ロジック・ツリー」「イ …

研究者のリーダーシップ論の重要性

 一般的に、理系の理論に比べて社会科学系の理論は、「役に立たない」というイメージが定着しているように思います。工学は実地に適用されると便利になるというイメージがしやすいですが、リーダーシップに関連する経済学や心理学の分野 …