地震の本質

 参考・引用しました

「大陸移動」「プレート説」は誤り?

大陸移動説は現代の天動説

大陸移動説は現代の天動説

 「プレートテクトニクス理論」が提唱される前、1912年に「大陸移動説」という学説が登場しました。気象学者のアルフレート・ヴェーゲナーが、現在の大陸は超大陸から分裂して移動しつつあるという説を発表しました。

 約3億年前には「パンゲア」といわれる超大陸が存在し、2億年前くらいから分裂・漂流することで、現在の大陸が形成されたという仮説です。

 年代順に磁極の位置を追跡したところ、現在の位置からずれていくことが分かった。しかも、ヨーロッパ大陸上にある岩石から追跡する軌跡と、アメリカ大陸の上にある岩石から追跡した軌跡が一致しないことが判明。アメリカから見た磁極とヨーロッパから見た磁極が違うということは、磁極が二つ存在するということになってしまいます。そこで考えついたのが、両大陸を移動させることです。アメリカ大陸とヨーロッパ大陸とを30度ほど回転させてやると、大西洋が閉じて両大陸がくっついて、二本のラインは一致します。このことが大陸は移動したという証拠のように考えられたわけです。

 分裂した大陸のうち、インド亜大陸をのせたプレートは、1億3500万年(ジュラ紀)ほど前に独立し、北へ向かってゆっくりと移動をはじめた。そして、数千キロにもおよぶ大移動ののち、4000万年前ころにユーラシア大陸に衝突した。ユーラシア大陸の地殻を押し縮めると同時に、インド亜大陸の地殻はその下へもぐりこんでいった。この結果、ユーラシア大陸は押し上げられ、「世界の屋根」ヒマラヤとなった。インド亜大陸の地殻のもぐりこみは、さらにチベット高地の厚い地殻をつくり、遠く天山山脈にまで影響をおよぼしたとされている。

 現在の陸地の形だけを見て、パズルのように組み合うかどうかで、大陸移勧説を説明しようとしていますが、「海」の要素を考えていないという問題があります。古代において陸地だった場所が現在の海になったり、海だった場所が陸地になったりしています。

 グランドキャニオンの地層を見ても、2.5~5.5億年前のアメリカは海の底にあったことが明らかです。「陸と海とは交互に沈降と隆起を繰り返している」というのが真相であって、パンゲアという大陸が移動して現在の姿になった などと言うのは ナンセンス な話です。

 

「プレートテクトニクス理論」は誤り?

 「プレート論」について、定説では、「この板状の固い岩石の層をプレートと呼ぶ。プレートの境界ではプレート同士の押し合う力が地震を発生させる。プレート同士の押し合いの結果、プレートの内部にもひずみがたまり、地震を発生させる。陸と海のプレートの境界では、海のプレートが陸のプレートの下に沈み込んでいくことが多く、この沈み込んだ海のプレートの内部にも地震が発生する(深発地震)。また、プレートの沈み込みは、火山の原因となるマグマを発生させる。プレートの運動は、世界の地震・火山活動の源なのである。」としている。

 「プレートテクトニクス」とは、海嶺で形成されたプレートと呼ばれるものが、海底で冷えて 海溝で沈み込む という一連の運動による地球の仕組みです。

 地球表面は、十数枚の「プレート」と呼ばれる厚さ100㎞程度の岩石の板で被われている。プレートは年間1~10㎝という速度で相対的に運動しています。プレート同土の相対運動の結果、プレートとプレートの境界やその近傍で地震が発生します。

 日本でいうと、東北地方の太平洋下は、このプレート境界にあたっていて、それが活発な地震活動の原因となっています。日本海溝のところから、冷たくて重い「太平洋プレート」が、東北地方が乗っている「陸のプレート」の下に向かって年間8~9㎝の速度で沈み込んでいます。この2つのプレートの境界での相対運動、すなわち、「プレート間のすべり」が何の障害もなく進行すれば地震とはなりません。しかし、プレート境界面で摩擦力が働き、そのため太平洋プレートはスムーズに沈み込めず、その上の陸のプレートと「固着した」状態となっています。太平洋プレートは沈み込みを阻止され、応力が蓄積されます。そして、強度の限界に達すると、固着していた境界面に沿って急激に「すべり」が発生し、蓄積していた応力を一気に解放します。これが「プレート境界地震」です。太平洋下で活発に発生する地震の殆どは このタイプの地震とされているわけです。

 しかし、海溝ではプレートが潜り込むのではない。熔融マントルが下降しているためです。池に張った厚い氷が潜り込みなど起さないのと同じで、固い地殻が固い地殻の中に潜るというのは誤りです。

 

マントルは粘性と弾性を併せ持った粘弾性体

 マグマは岩石物質(ケイ酸塩)の高温溶融体である。つまり、高温でドロドロの状態にある。噴火によってマグマが地表に出たものが 溶岩 である。

 地球物理学では、マントルが「地震波の縦波・横波の両方を伝搬させる」ことを重視して、「マントルは弾性体で固体」と強調しています。

 地震のような衝撃的な外力には、ある範囲で弾性体のように挙動しますが、長期的に作用する外力には粘性体として挙動します。

 粘弾性体は爆発的な短周期波に対して弾性体と同じく伝播可能であるから、マントルが固体である必然性はないと考えます。深発地震の波形を見ると、マントルは熔融していることが分かる。走時曲線は短周期波に関してのみ成立し、主要な地震波は固体の地殻内部を通過している。

 定説で、マントルが固体であると考えられているのは、S波(せん断波)がマントルを通過しているからとされている。固体論が導入された経緯は、地震波の伝播問題を計算によって処理しようとした最初の研究者(グーテンベルグとジェフリース)が、そう仮定しないと計算が出来ないから、計算の便宜上、前提として地球内部(2900kmまで)を固体であると仮定したからです。

 計算上の仮定を定説で「固体」としてしまうとは信じ難いことです。

 地球誕生の歴史から考えても、マグマオーシャン状態の地球が、冷却され表面に薄皮のような地殻ができ、さらに海洋が誕生して人類が生息できるようになったのは明らかです。
 冷却の進行と共に地殻は厚さを増しているのでしょうが、その下部には溶融したマグマオーシャンが広がっている。

 地球は地殻という岩石におおわれており、その地殻の下にはマントルというカンラン石を主体とする岩石がある。地球の半径は6,370kmであるが、地殻の厚さは海洋地域では20km前後に過ぎない。

 初期の地球はマグマオーシャンであり、いたるところで解離ガスが爆発(地震の発生)し、水蒸気に満ち溢れ、上空には厚い雲が漂っていました。温度が下がって最初に起きるのは薄皮の形成です。それは地殻の形成であり、大陸の誕生です。その当時の大気はマグマから放出される熱い水蒸気で満ちており、何も見えない蒸し風呂のような暗闇の世界だったでしょう。さらに冷却が進行すると、土砂降りのような雨が降り、漸く海が形成されたに違いありません。

 地球表面の大地は、激しく隆起と沈降を繰り返しています。その原動力は マグマの熱と水が織り成す化学爆発 という歴史なのです。

 

地下での爆発で地震が起こる

 地震発生の原因は、地下内部のマグマから放出される熱によって、水が酸素と水素に分離すること、そして、マグマ内部に存在する水素と酸素が爆発して水に戻るためです。

地下深くにマグマ溜りがありますが、そこに地下水が介在すると、解離爆鳴気爆発が生じます。すなわち、地下内部の水は、熱水状態を過ぎると超臨界状態となりますが、それを超えると酸素と水素に熱解離し始めます。地下の超臨界水が解離すると圧力が増大して、岩盤に応力が発生します。岩盤は破壊されて、容器が破壊したボイラーのように解離反応が進みます。

   2HO + 熱 ⇒ 2H + O   熱解離反応(吸熱反応)

   (2モル)        (3モル)    

 この解離現象は吸熱反応であるため、周囲の温度が一旦低下しますが、今度は周囲からの熱が移動してきます。熱伝導によって解離ガスの着火温度まで上昇しますと、結合反応が起こって、水素の燃焼爆発が起こります。。

   2H + O ⇒ 2HO + 熱   爆鳴気爆発(発熱反応)

     (3モル)     (2モル)    

 水素と酸素が引き起こす爆鳴気爆発というのは、ダイナマイトの爆発のようなものではない。

 爆発の方向は、マグマの流路の向きによって変化します。震源で上方と下方に爆発(EXPLOSION)し、水平方向には震源に向かって爆縮(IMPLOSION)が起きる。マグマ溜まり内部で、この「爆縮現象」とボイラー破壊のような「平衡破綻型の爆発」(EXPLOSION)とが複合的に起きていると考えられます。

 各地に設置された地震計は、地震時の初動として、震源から離れる動き・「押し」と近づく動き・「引き」の両方を記録します。地震計を調べると、地震で最初に動く方向(初動)の様子が分かります。その分布を「初動の押し引き分布」と言います。この分布をうまく説明するのが「押し円錐理論」というものです。

 爆発の方向は、マグマ溜まりに接続する火道の向きによって決まります。

その押し円錐の軸が垂直に近ければ、直下型地震といわれる振動被害の激しい地震となります。直下型というのは、爆発(EXPLOSION)の向きが上下方向に向いている地震のことです。爆発によって円錐状の押し領域が形成される。震源の直上の地表では隆起現象が見られます。

 マグマ溜まりに接続する火道の向きが水平に近ければ水平爆発となります。震源が深く、押

し円錐の軸が水平方向に近ければ、震源の直下でも直下型地震ではないため振動被害は大きく

ありませんが、引き領域になり、震源に向かうように地盤の沈降が起きます。この爆縮は、3モルから2モルへと気体の体積が収縮することによります。このタイプの地震が大規模かつ連続的に起これば、大陸規模での沈没現象もあり得るのです。

 水平で震源が浅い場合は、水平のずれ現象となります。

 東日本大震災は直下型に近いものでした。震源での爆発は上向きでして、押し領域で大きな津波が起きました。震央を離れた沿岸一帯は、引き領域になったため、震源に向かうように地盤の沈降が起きました。慶長年間に別府湾で起きた地震では、瓜生島・久光島が海底に沈没しました。高知湾では、黒田郡と呼ばれた広大な土地が白鳳年間(673~697)に沈没しています。爆発の方向が水平であったために、鉛直方向が引き領域に入って海没したと考えられます。

 

 浅いところの地震は、地殻第一層と地殻第二層の地殻内部に発達しているマグマ溜り、あるいはマグマの流路内で起こる爆発爆縮だと思われます。

 深発地震といわれる地震は、地殻第二層よりも下の溶融マントル内部で発生している爆発爆縮であると考えられます。

 大地震では、大抵、爆弾が破裂したような音を聞いたという話があります。これは地震が爆発現象であることを教えているのです。水素爆発が地下深部で起きれば「地殻が震える」地震となりますし、浅ければ「空気が震える」火山噴火現像となります。爆発の位置と規模によっては「両方とも震える」こともあるわけです。海底や湖底での爆発では、地殻も空気も揺らさず、「水だけを持ち上げ、揺らす」津波になります。

 なお、地下水が介在すると解離爆鳴気爆発が生じますが、ハワイとか西ノ島で観察されるように、マグマが海水に接触しても爆発しません。枕状熔岩として固まるだけです。地上に出た熔岩は、すでにガスが空中に抜けている状態でして、爆発には関係ないわけです。

 

 余震といわれるのは、震源付近にあるマグマ溜り内部で酸素と水素の解離ガスが結合と解離を繰り返すことによる現象です。巨大な爆発が起きると、解離と結合が頻繁に起きて、科学的なバランスを失う。余震が継続するのは、水の解離する度合いが、熱と圧力の関係によって変化するために、解離層が安定するまで爆鳴気爆発の科学反応が繰り返されるからです。熱解離という現象が安定するまでは余震は止まらないのです。

 地震の現象として、水蒸気と噴出物とが混ざって黒色の煙を吹き上げます。また、火砕流となって流下する場合もあります。マグマが火道の中で下がっている場合には、水蒸気爆発しか起りませんから、煙は白い色になるわけです。

 地震に前兆が出現するのは、解離したガスによってマグマ溜まり内部の圧力が上昇したときです。解離度が進行して、マグマ溜まり内部の圧力が上昇することに原因があります。

 発光現象が現れることがあります。蓄積された解離ガス(酸素と水素の混合ガス)はプラズマ状態なので、火道内部を高速で移動するときには「MHD発電」というものが起こります。発光現象は、プラズマ流体の移動するときに現れる発電現象と考えられます。

 

地震と断層

 地震は断層が動いて起こるのではありません。断層は、マグマの爆発的な貫入現象を伴う水素ガスの爆発現象によって生じる傷痕です。断層は大きな地震の結果として現れるのです。小さな規模の地震(爆発)で発生することはありません。

 「断層が動くことが地震である」という理論は間違いです。原因と結果の因果関係が逆転しています。地震が起きる前の調査では断層が見つからなかったのに、地震後に発見されたというニュースになって報道されますが、元々存在しなかったから「発見」出来なかったに過ぎません。

 地下の超臨界水が解離すると、圧力が増大して岩盤に応力が発生します。そのとき、岩盤に細かなマイクロクラックが発生し、やがて岩盤は破壊されて、解離反応が進みます。水素と酸素に分解した混合ガスは、今度は結合反応により、水素の燃焼爆発が起こります。この時には、ガスの体積が減少することによって減圧が起こります。押し領域(Explosion)と引き領域(Implosion)の境界に地殻が耐え切れなくなって、断層が亀裂として発生するわけです。

 爆発によって円錐状の押し領域が形成され、それ以外は引き領域になる。押し円錐と地表面が交差するところに、さまざまな形式の断層が出現します。

 押し円錐の軸が垂直に近ければ、直下型地震といわれる振動被害の激しい地震となります。逆断層が発生します。

 押し円錐の軸が水平に近ければ水平爆発となります。ここでは正断層が発生します。

 押し円錐の軸が水平で震源が浅い場合には、断層は「水平ズレ断層」となります。

 幸福の科学大川隆法総裁は、『『日本の誇りを取り戻す』 国師・大川隆法 街頭演説集 2012』で以下のように説かれました。

「さらに、付け加えますけれども、今、地層学者や地震学者みたいな者が、あちこちの原発の下に潜り込んで、「ここは活断層が四十万年前に動いた」とか、「二十万年前に動いた」とか、「五万年前に動いた」とか言って、「即時停止すべきだ」などと言っておるけれども、バカです!
 みなさん、「昔、断層ができた」ということは、「これから動く」ということではないのです。
 断層というものは、どこにでもできるんですよ!
 ここにだって、できるんですよ!
 どこにでも新しい所に断層はできるんですよ。
 大地が引っ張られたら、そこに断層はできるのです。いくらでも新しい断層ができるのです。こんなものを四十万年前まで調べたって、人一人救えませんよ!
 バカなことをするんじゃない。
 なぜ分からない。」
(30~31ページ)

 

地震の前から潮が引く現象

 地震が海域で発生すると、地盤が沈下した領域からは津波の第一波として、引き波が発生し、沿岸部には退潮現象が現れます。一般的には、地震の発生前に現れる海水位の低下を干退現象と呼んでいます。

 水位が下がる原因にはいくつかの理由が考えられます。

(1) 海底から海水が地球内部に落下する
 引き波に見える現象は、退潮現象、つまり大量の海水が地殻内部に発生した空隙に向かって落下したものと考えられます。

(2) 海底地盤の下で強力な電磁場が発生し、弱磁性体の海水を引き付けて海面の局部的な低下を引き起こす(モーゼ効果)

 高空の電離層では電磁気的イオン化現象(プラズマ)が起きているのですが、地下深部の解離層では熱解離による解離水のイオン化現象が起きているわけですから、プラズマの発光現象が起きるのは当然です。また、局所的に熱解離によって地電流が発生し、強力な電磁場が形成されれば、モーゼ効果によって「皿のように凹む」という現象も起きるはずです。  

「解離層の不安定化で発生した強い電磁場が弱磁性体の海水を引き寄せた」ということでしょう。解離水が爆発現象を起こせば地震になりますが、うまく沈静化してしまえば地震にならない場合もあるのです。

 

地震と津波

 津波は、地震爆発の結果であって、地滑りが原因ではありません。爆発の結果として斜面では地滑りが起きます。1972年の雲仙岳噴火、眉山の山体崩落による津波、リツヤ湾で起きた崩落による津波などは地上部分での崩落です。空中から落下すれば津波が起きますが、水面下の地滑りや、落下現像では津波にはならないと推定されます。

 直下型というのは、爆発(EXPLOSION)の向きが上下方向に向いている地震のことです。震源の直上の地表では隆起現象が見られます。地震が海底で起きれば、地盤を持ち上げて大きな津波を発生させることになります。津波の第一波は遡上する押し波となります。近地津波、つまり、震源地が近くの場合には、同じ規模の地震なら、爆発が鉛直方向である地震のほうが地盤の変化する量(隆起)が大きく、津波の規模も大きくなります。ただし、遠地津波の場合には、他の要素、つまり大陸棚などの形状による様々な干渉効果があって、第一波が小さな引き波であっても、第二波、第三波と後続する津波のほうが大きくなる場合もあります。

 押し円錐の軸が水平方向に近ければ、震源に向かうように地盤の沈降が起きます。津波の第一波は引き波となります。

 

無地震地域の周囲で地震が多い

 ところで、なぜ無地震地域の周囲で地震が多いのでしょうか。それは、熔融マントルの対流現象と関係しています。無地震地域の下部でも熔融マントルは対流しています。しかし、水平移動では「水の解離能力度」に変化がありませんから、解離度が一定していて、海底火山の存在場所を除けば地震は起きません。

 熔融マントルの対流が上昇する場所、つまり、太平洋や大西洋の中央海嶺(海膨)などでは、含有する解離水の内で一帯の解離能力(温度と圧力で決まる)を超える量が、爆発して結合水に変換されます。これが地震の発生です。したがって、海嶺などでは深発地震は起きません。

 地表付近から帯同される結合水(地下水)が解離水に置換される過程で、一帯の解離能力を超えるケースがあります。局所的に解離能力を超えた場所では爆発が起こります。これが深発地震が起きる理由です。

 異常震域とは、震源地よりも震源地を遠く離れた場所で震度が大きくなるという現象です。深い地震では この現象がみられます。震源地では無感なのに、遠い場所で有感になるのです。

 異常震域は、有感の深発地震には例外なく現われる。浅い地震でもある程度現われることがある。異常震域となるのは、北海道,東北,関東地方の太平洋側である。
 この深発地震は、地殻の下のマントル内で起こる解離爆発です。爆発によって発生する衝撃的地震波は、直ぐ上にある橄欖岩の高速伝播媒体を通って伝播しますが、二層構造の地殻の第二層、橄欖岩層は、北海道、東北、関東地方の太平洋側で地表に接近しているのです。

 

なぜ環太平洋地域に地震多発地帯があるのか

 環太平洋で地震が多いのは、地殻の下を流れる熔融マントルが活発に動いていて、そこからたくさんのマグマの管路が毛細血管のように地殻内部に進入しているからと思われます。

 中央海嶺の下では、マントルが上昇していて、解離度の変動が激しく地震が多発します。また、日本海溝・マリアナ海溝・トンガ海溝・チリ海溝などの海域では、マントル対流が地球内部に下降していますので、解離度が変動し、地震が多発します。
 マントルが上昇する場所(海嶺)では、浅い地震しか起こらず、下降する場所(海溝)では深発地震が起こる。

 上昇する場合は解離度が減少していきますが、下降する場合は増加していきますので、ここに大きな差が現れるわけです。上昇する場合は、解離水が結合水に変化します。このとき地震が起きるので、海嶺の上部からは、鉱物成分などが溶け込んだ熱水がブラックスモークとして湧出しているのです。

 緯度が40度付近で大地震が起こる理由は、地球という球体が潮汐の原因である起潮力を受けて、疲労破壊する可能性が高いのではないかと思われます。

 現在、地球が宇宙からの電磁波(フォトン・ベルト)を強く受けているために、地球内部の溶融マグマが加熱され、解離ガス(水素と酸素)が発生しやすくなっている。フォトン・ベルトの中は、電子レンジと同じ原理で、地球上の液体は内部のマントルも含めて温度が上昇する。温度が上昇すれば、マントル内部の「水の熱解離の度合」が変化し、地震の多発に繋がります。到る所で地震と火山の噴火が起きていることがこれを証明しています。

 海底火山の活発化は、海流の変化を意味し、エルニーニョ現象やラニーニャ現象を引き起こして、気象災害を多発させます。

 シェールガスの採掘と地震

   二酸化炭素回収・貯留(CCS)と地震

異常気象・転変地異 へ

「仏法真理」へ戻る